志崎綾VS石戸明星嵐のラストファイナルリベンジマッチ


久「一回戦は飛びつき抱っこ対決!いってみよー!」



綾「京太郎さーんっ!」バッ

京太郎「うおっと、綾ちゃんか…どした?急に人に飛びついたら危ないじゃないか」ナデナデ

綾「えへへ~♪……って、これまるっきり子供扱いじゃないですかー!うわーん!」ダッ

京太郎「……?」


明星「京太郎さーんっ!」バッ

京太郎「がはっ!?うおぉぉ…あ、明星ちゃん!?おおおおおい、な、なにを急に…」ドキドキ

明星「うふ…京太郎さんのお姿を見たらいてもたってもいられなくなりまして…♪」プニョンプニョン

京太郎「あ、あははは…(うおおおお!!年齢に不釣合いな爆乳が爆乳が俺の体でこんなにつぶれてひろがってぇぇーー!?)」

………

久「明星の勝利!」カンカンカンカン


明星「」ムフー

綾「」グヌヌ…

…………

久「二回戦は上目遣い対決!いってみよー!」


京太郎「綾ちゃん、話ってなんだい?」

綾「あ、あのですね…その京太郎さん……」モジモジ

京太郎「(潤んだ目で何かをお願いするように俺を見上げている…これはまさか)

……綾ちゃん?」

綾「は、はい!」


京太郎「もしかして何か壊しちゃったのかな?お皿とか、壷とか?

だったら俺も一緒に謝りにいくよ、おいで」

綾「うぅ…うぅぅぅ……うわぁぁーーーん!」

京太郎「あ、綾ちゃん?………俺がいると嫌だったんだろうか…はぁ~」



京太郎「明星ちゃん、話ってなんだい?

明星「京太郎さん…その…」モジモジ

京太郎「(う、うわ…おいおい、なんだよこの色気!ただの上目遣いじゃなく流し目で俺を見上げて…な、なおかつ!
もじもじしながら、そのたわわな果実を両腕で挟んでぽよんぽよんさせるとか…!)あ、あの…?」


綾「あ、あんなの反則ですー!私はみとめませ…」モガモガ
久「シーッ!あれはちゃんと女の武器を使っているから有効なの!」


明星「うふふ……なんでもありませんっ♪ではっ♪」

京太郎「えっ?あ、ああ…そうか…………ふぅ、あんな中三やべぇーよ…」ドキドキ

………

久「明星の勝利!」カンカンカンカン


明星「」ムフー

綾「」グギギ…

…………

久「次が最終戦ね、対決内容は…」

綾「待ってくださーい!

飛びつき抱っこだとか、上目遣いだとか!おっぱい使うなんてズルいですよ!」

明星「ふふふ、私は自分の持てるもの全部を出し切っているだけですよー♪」

久「ふーん、じゃあどうするの綾ちゃん?」

綾「本気の対決をさせてくださーい!!

『キス待ち対決』!!」


久「おー!やるじゃないの!では最終戦は『キス待ち対決』!!」

明星「望むところです!」

…………

綾「京太郎さん!」

京太郎「ん?」

綾「ん、んー…」

京太郎「(目を閉じて顔を俺の方へ向けているぞ…これって)綾ちゃん……」ス…

綾「(き、きた!ああ、お父さんお母さん…ついでに憧さんと…あと晴絵さん……綾は、綾は大人になります!)」

明星「ノ、ノー!」ガササッ
久「こらっ!出て行くなって!てか、なんで英語!」ガシッ


京太郎「目にごみがはいったんだね、ちょっと待ってな…」

綾「………ふんっ!」パッチーン

京太郎「いてっ!え、ちょ、ちょっと?綾ちゃーん!?」

明星「ふぅー…ま、まあこんなことだろうと思ってましたよ」
久「そう、じゃあその短刀を懐にしまってね」


明星「京太郎さんっ♪」

京太郎「ん?」

明星「ん…」

京太郎「」

綾「きょ、京太郎さん!突き飛ばして!突き飛ばして逃げてください!」
久「相手は猛獣かって……まあ近いものではあるけど」

明星「……ん?」

京太郎「…………ふきゅう」バタン

明星「え!きょ、京太郎さんっ!」

綾「京太郎さん!」

久「男がふきゅうって言っても不快なだけね…」

…………

綾「最後はドローでしたけど…内容的には私の負けです……はぁ、何が足りなかったんでしょうか」トボトボ

京太郎「お、綾ちゃん」

綾「あ…京太郎さん……その、さっき叩いてしまって…」

京太郎「ああ、いいって!こっちこそ驚かせちゃったみたいでごめんな」

綾「あぅ…そんな…」

京太郎「そうそう、ファミレス行こうか!俺のおごりで、さ!」

綾「え、そ…そんな悪いです!」

京太郎「気にすんなって、ほら」ギュッ

綾「あやっ!…えへへ♪」



久「綾ちゃんの強みはそのナチュラルさ、素直な魅力は年齢を重ねていけば何よりも大きな武器になるわ…

現にさっきビンタを食らわせたばかりの須賀君があんなに気さくに話しかけてくるんだもの(彼の優しさもあるけど)

それは全ての女がうらやむスキルよ綾ちゃん…失くさないでね

なにせ明星ちゃんはそれを補ってあまりある色気の持ち主だから油断は禁物よっ♪


さて、これにて一件落着!ヒィーサッサッサッサァー!」ヒッサッサッサ




明星「ぐぬぬ…羨まし過ぎますぅ…!私なんて手も繋いでもらったことないのにぃ…!」ギギギ…



霞「精進よ……明星」←(電柱の裏)


カンッ