京太郎「あの人のこと好きなんでしょ!?」

若秋山「テメェに何が分かる!あいつみたいなオカルトめいた期待の雀士と俺なんかが・・・!」

京太郎「麻雀を理由に逃げるんじゃねぇよ!好きなもんなら二つとも手に入れちまえよ!」

とか

豊音「京おにーさんおっきいねー。おっきいと目立つからボッチじゃなくなるかな?」

京太郎「大きさは関係ないよ、いや寧ろ俺は大衆の中にいる孤独を感じてたかな・・・」

豊音「?」

とか

すこやん「結婚かぁ・・・まぁ30までにできれば大丈夫だよね。」

京太郎「ア、ハイ。」

とか

京太郎「赤土さん!」

赤土「私はあの時を思い出すと・・・怖くて・・・仕方ないんだ・・・」

京太郎「恐怖は消し去らなくて良いんです!でも!乗り越えなくちゃ、好きなものが好きでなくなっちゃダメなんです!」

とか熱血京太郎が出てきて
現代で修羅修羅バラバラになると