俺は高校生雀士、須賀京太郎。
幼馴染で同級生の宮永咲と遊園地へ遊びに行って
黒ずくめの男の怪しげな闘牌現場を目撃した。
闘牌を見るのに夢中になっていた俺は、
背後から近づいてくるもう一人の仲間に気づかなかった。
俺はその男に毒薬を飲まされ、目が覚めたら・・・

体が女になっていた。
須賀京太郎が生きているとやつらにばれたら
また命を狙われ、周りの人間にも危害が及ぶ。
ハギヨシさんの助言で正体を隠すことにした俺は、
咲に名前を聞かれて、とっさに萩原京子と名乗り、
やつらの情報をつかむ為に、
父親が社長をやっている龍門渕の家に転がり込んだ。

たった一つのイカサマ見抜く、見た目は女、頭脳は男、
オカルトなしの裏雀士。
じっちゃんはいつも一人!