「あー、久々の風呂だ・・・」

夏場であるならシャワーで済ましてしまうものだ、何より熱気が凄い
そう、熱気。サウナに入り込んだような濃厚な暑さ、否。熱さだった。
あの会場は、あの場所は、IHは。

「・・・俺じゃ行けるわけない、か。」

麻雀を始めて僅か3ヶ月と少し、初心者の殻すら破れてない彼には遥か遠い天の上にある舞台だ。

そんな場所に、彼女達はいる。
そんな場所で、彼女達は輝いてる。

誇らしい反面、嫉妬ともいえる感情が出てくる。何より悔しさの比重が大きいのは当人すら知らない。

IH終了後、自分に指導の時間を割いてもらってるのはありがたいし、感謝もしてる。
楽しい、が悔しい。
強くなりたい。

「ま、んなこと言っても仕方ねーか。」

そう言って風呂の手すりに手をかけてたら―――

「んおっ!?」

手が滑ったのか頭から湯船に入り込む。
直ぐ頭が風呂の底にぶつかり、変な形で身体を沈める形となった。
少々混乱するも酸素を得ようと体勢を整え、水面から顔を出したら―――

「・・・あんた、誰だ?」

名も知らぬおっさんが風呂に浸かっていた。
京太郎は後に知る阿佐田哲也氏との出会いである。

続カンッ