がらがら

塞「あれ、開いてる……」

塞「!!?」

塞(なに、この空気……!?何ていうか……)くんくん


京太郎「あ、おはようございます、塞先輩」


塞「きょ、京太郎。はやいね」

京太郎「まあ早く起きすぎちゃって。つい部室に来ちゃいました」

塞「そ、そっか。私も授業前に掃除でもしとこうかなって、寄ったんだよね」

京太郎「あーそうでしたか。もう済ませちゃったんで、大丈夫ですよ」

塞「そう?ありがと、京太郎」

塞「……ところでさ」

塞「なに、してたの?」くんくん

京太郎「うわっ何嗅いでるんすか、そんな匂いますかね」

京太郎「ちょっと筋トレみたいなことをして、汗を流してたんですよ」

京太郎(換気したほうが良かったなぁー、しまった)

京太郎「すいません、臭くて……」

塞「う、ううん。気にしないで!別に構わないから!」

塞「寧ろ新鮮で良い匂いっていうか……京太郎のだと思うとハマるっていうか……」

塞「って、な、何言ってんだろ!?忘れてねっ京太郎!」あせあせ

京太郎「は、はい……」


塞「そ、そうだ、水筒持ってきてるんだ、お茶あげるよ」くいっ

京太郎「いいんですか?」

塞「遠慮しない♪ほら、飲んじゃって」すっ

京太郎「じゃ、遠慮なく……」ごくごく

京太郎「ああー……染みる……」

塞「あははは。おもしろ……」じぃっ

塞(京太郎が口付けた水筒……)そわそわ

塞(さりげなく、さりげなく……)ごくごく

京太郎(あ、先輩も飲んでる)

京太郎(もしかしてこれ、間接キスじゃ……)

京太郎(うわっ。意識すると急にどきどきしてきた。塞先輩無防備すぎるでしょ……)

塞(美味しっ♪ほんと、京太郎は無防備だなあ……)ちらっ

京太郎「……」じいー

塞「っ!?ごほごほっ」

京太郎「わ、先輩大丈夫ですか!?詰まりました?」

塞「す、少し。大丈夫大丈夫」

塞(どうしよ……京太郎すっごい見てた)

塞(解ってたよね?間接キスだって。うわー恥ずかし……)かああっ

京太郎「ハンカチあるんで、拭きますよ」さっ

京太郎(って……少し制服が透けて……)ごくり

京太郎(先輩の下着とか肌とかが丸見えじゃないか……)むくむく

京太郎(くそ、おさまれ、俺……何考えてやがる……おさまれっ)むくむく


塞「──………………」じろじろ

塞(嘘でしょ……あれって)どきどき

塞(そっか。制服が透けたから私の身体が……それで京太郎は……)

塞(……)どきどきどきどきどきどきどきどき

塞「……うん」にへらっ

塞「京太郎?ねえ、なに大きくしてるのかな?」

京太郎「!!?」


京太郎「すいませんすいません!!生理現象みたいなもので……」

塞「じゃ、じゃあ~……」

塞「責任取って……私が処理させてもらっちゃおっかなぁ……」そわそわ

京太郎「えっ!?な、なに言って……」

塞「解るでしょ……?」ちろっ

京太郎「わ、わからないです……そんな……」

塞(駄目だ、クラクラする。抜け駆けになっちゃうけどもう駄目だ)

塞(ヤリたい。ヤリたい。京太郎とヤリたいいぃぃぃ……っ)

塞「別にさっ……いいでしょ?」

塞「成り行きだしね。さくっと、うーん、ま、まあ手とかで……?まあとにかく、ね?お願いっ」

塞「京太郎っ♪」すりすり

京太郎「そ、そんなっ……く……」

塞「ね……しよっ」にやっ


京太郎「だっダメですよ!」きっぱり

京太郎「そんな、イカレてる!こういうのは好きな人同士じゃないと!!」どん


塞「京太郎──……」

塞「そうか。わかったよ……」


ごろん


塞「私ね、ずっと京太郎が好きだった……」

塞(……って、こんなふうに言うつもりじゃなかったんだけどなあ、ロマン無いなあ私)

塞「だからさ。いいでしょ?私にとってこれはチャンスなんだ」

塞「京太郎を逃がしたくない。京太郎だって、私のこと、嫌いじゃ……ないでしょ?」

京太郎「……塞、先輩」

塞「ならいいじゃん。今はそれで十分」


塞「私の事、好きにしていいんだよ」じっ

京太郎「っ」ごくり


がっ

どさっ


京太郎「はあっ……はあっ……」

塞(っ……♪凄い息遣い……凄い、どきどきする……っ)

京太郎「先輩っ……おれ、おれ……」

塞(いいよ、いいんだよ、京太郎)

塞(難しいことなんて考えてないで)

塞「ふふっ……」ふー

塞「じゃあ、脱がすよ、京太郎♪」にこっ

京太郎「お願いします……!」



がらっ


白望「……」



「「……あ」」

白望「……何してるの」

京太郎「い、いや、何でもありませんよ、何でも!!」

塞「そ、そうそうっ!!そそそ、掃除をしてただけで、やましい事は何もしてないよっ!?」

京太郎「それじゃ俺は教室行くんで!塞先輩、シロ先輩、また放課後……」ぴゅー

塞「う、うんそうだねっ!私も教室に行かなきゃっ!シロ、何で部室に来たか知らないけど、授業遅れないようにねっ!」ぴゅー


白望「……」

白望「……ばか」

白望「途中から見てたし……抜け駆けは無しって言ったの、塞なのに……」

白望「でも、そうか……京太郎は押しに弱いから」

白望「迫れば良いのか……」

白望「……」ごくり



カンッ