京太郎「すぅ…すぅ…」

白望「…」ナデナデ

京太郎「ん…んん…すぅ…」モゾモゾ

白望「京…私の可愛い京…」

ピンポーン

京太郎「すぅ…すぅ…」

白望「…」

ピンポーンピンポーン

京太郎「んんぅ…」モゾッ

白望「…ちっ」

『シロ!シロ、いるんでしょ!?返事してよ!シロってば!』ドンドンドン

京太郎「んん…シロねぇ…?」

白望「起こしちゃった…?ごめんね…」ナデナデ

京太郎「ん…大丈夫だよ…それより出なくていいの…?」

白望「うん、今出てくるから。大人しくしてて」

京太郎「わかったよ…でも、俺子供じゃないよ?」

白望「わかってる…それじゃ行ってくる」スタスタ

……………

ガチャッ

塞「あっ、やっぱり居た!」

白望「…何の用?」

塞「何の用じゃないよ!須賀君がいなくなって…!」

白望「そう…それで?」

塞「…もしかして…アンタん家に?」

白望「それが何か悪いの?」

塞「…入れさせてもらうよ」スッ

白望「駄目」グイッ

塞「何で?」

白望「駄目だよ。塞には会わせられない」

塞「だから何でよ!?私は元のところに帰してあげようと思ってるだけ!須賀君だってそれは…「塞はさ」

白望「塞はさ、見たことあるの?」

塞「な、何をよ?」

白望「京太郎に長野の話をしたときの反応」

塞「そりゃあ見たこと無いけど…故郷なんだしそんな悪い反応は「震えてた」…え?」

白望「長野の、特に高校の話をした時なんて震えが酷かった。ずっと『ごめんなさい、許してください』ってうわごとのように呟いてた」

塞「なっ…!?」

白望「京太郎は強い子だよ。数日しか過ごしてないけどそれは塞も知ってるはず。そんな子があんな状態になるような場所に誰が戻そうと思うの?」

塞「で、でも…やっぱりそれを少しでも治すにはさ…」

白望「…塞ならそういうと思った」

塞「シロ…じゃあ…!「だから」

塞「え?」

白望「こうすることにした」ジャキッ

塞「包、丁って…シロ、ねぇ…何の冗談なの?」

白望「今すぐ帰って、塞。私達にこれ以上干渉しようとするなら…殺す」

塞「シ、シロ…?ねぇってば…嘘でしょ?」

白望「三度目はない。帰れ」

塞「うっ…ま、まだ私は諦めないから!」タッタッタッ…

白望「…ふん」

ガララララ…

………………

京太郎「シロねぇ…?遅かったね…」

白望「うん、ごめんね…待たせちゃった?」

京太郎「だから俺、子供じゃないってば」

白望「うん、そうだね」ナデナデ

京太郎「んー…♪」

白望「…」ナデナデ

京太郎「どうしたの、シロねぇ?」

白望「ううん…ねぇ、京」

京太郎「なに?」

白望「長野に…帰りたい?」

京太郎「なが…の…?」

白望「清澄高校に戻りたい?」

京太郎「なが…の…きよ…すみ…う…うぁぁ…」ブルブル

白望「京…?」

京太郎「あ…ぁぁぁぁ!!うぁぁぁぁぁあ!!」

白望「京!落ち着いて、大丈夫だから!」

京太郎「うわぁぁぁっぁぁぁぁぁ…!!がっ…げほっ…うぇぇえっぐぅっ…ごほっ…」

白望「ごめんね…ごめんね京…忘れて良い…忘れて良いから…ね?」

京太郎「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…許してください…許して…ください…」

白望「大丈夫…ここには怖い物も…怖い人もいない…」

京太郎「はぁ…はぁ…はぁ…」ガタガタガタ

白望「私がずっと居るから…ずっと一緒に…ね…?」

京太郎「はぁ…はぁ…」

白望「…」ギュッ

京太郎「ありがと…シロねぇ…」ギュウウ

白望「ん…どういたしまして…それよりこれ…」

京太郎「う…ごめん…」

白望「別にいい…男の子だし…エッチな気分になるのはしょうがない…」

京太郎「うぅぅ…」カァァ

白望「お布団…行こっか」

京太郎「…うん」



カンッ