???「…………」カタカタカタカタ…

――――☆彡マーリンのお・へ・や☆彡―――――
    • 掲示板--
マーリン<今日の部活動も終わり☆彡今日も疲れたよ~(´-ω-`)>

K<お疲れさまですっ!今日も随分と遅くまでやっていたんですね>

Tacos<おぉ!お疲れだじぇ!私も部活終わったところだし、すごい偶然だじぇ!>

Tacos<って、また一番はKだじぇ!くっそ~>

崖姉貴<お疲れさ~ん。ええな~、ウチのとこはまd>

アミバ<あ~あ、見つかりよったみたいやなぁ。ウチみたいに上手いことこっそりやらんと。あ、マーリンちゃん、お疲れ~>

ふくじみほこ<おつかれさまですまるぶかつはたいへんなんですかはてな>

マーリン<結構大変だよ~(^_^;)でも、頑張るの☆目標があるからね(`・ω・´)>

スミレ<マーリンちゃん、おっつかれ~☆ミとっても頑張ってるんだね♪そんなマーリンちゃんには疲れの取れる魔法をプレゼントしちゃう☆ミ>

スミレ<そ~れ☆ピゥピゥピュピュ~ンシャープシュート☆彡>

マーリン<スミレちゃん、ありがとー(*゚▽゚*)おかげで元気イッパイだ~(*´ω`*)>

バブル<そんなので疲れが取れるわけ…取れてるーー!?(°д°)>

のどっち<マーリンさん、お疲れ様です。バブルさんはいつも面白いリアクションをされますね>

バブル<あったりまえよ!なんたって私は高校100年生だからね!>

マーリン<みんな、コメントありがとー(*゚▽゚*)お礼に最近マーリンが気になってることを発表しちゃいま~す☆彡>

Tacos<気になってること?>

アミバ<なんやなんや?>

マーリン<実はマーリン、最近一人の男性を目で追ってしまうんですっ(>_<)>

バブル<おお~っ!これは事件!事件だよ!>

マーリン<その方は見た目は金髪なんだけど、とっても気配りが出来て優しいの(*´▽`*)もう、マーリン夢中になっちゃった♪>

K<へぇ~、羨ましいな~。俺も金髪だけど、マーリンさんに好かれるにはどうすればいいですか!?>

のどっち<私の身近な方を例にしますと、手先が器用で気配りが出来て、さらに爽やかな笑顔があれば或いは…>

アミバ<なんやねん、その完璧超人……ウチ、一人しか知らんわ…>

崖姉貴<いや、一人知っとんのかい!!>

Tacos<あ、戻ってきたじぇ>

崖姉貴<余裕のよっちゃんや!ウチのかかれば抜け出し来るくr>

K<あ、また…>

アミバ<南無(-人-)>

マーリン<あはは~☆彡みんな、今日もありがとねー♪また明日もよろしく~ o(*゚▽゚*)o>

Tacos<おう!バイバイだじぇ!>

アミバ<おつかれさ~ん。明日も待っとるで~ノシ>

K<お疲れ様です。今日はゆっくり休んでくださいね>

―――――――――――――――――――

???「……ふぅ」パタン

???「Kさん、今日も来てくれていたな。本当にありがたいよ…」

???「ふむ…今日はもう寝ようか。まだ明日もあることだしな」

~~~翌日~~~

京太郎「~~~~~くぁっ…おー、いい天気だ。さて、と…」

~~~~~

京太郎「えっと、風越の人達はこれで、清澄がこっち…で、鶴賀の人達は…あ、これか。で、龍門渕が…」

トントントン
ゆみ「……あ。おはよう、須賀くん。ん?一体何を?」

京太郎「あ、おはようございます、加治木さん。折角の合宿ですからね、皆さんに気持ちよく打ってもらおうと思って、昨日の内に聞いておいたお好みのおにぎりを作っていたんです」

ゆみ「そうだったのか。すまないな。それと、ありがとう」

京太郎「いえいえ、こんなのは朝飯前ですよ」

久「そうそう。それに須賀くんの料理はおいしいわよ~?でも、惚れちゃダメよ、ゆみ?」

ゆみ「何を言っているんだ、久。冗談も過ぎるぞ?」

京太郎「あはは。あ、朝食ならもう出来てますから、どうぞ」

久「あら、さすがね。それじゃ、おっ先~」

ゆみ「あっ、おい、久!…ったく」

京太郎「あ、加治木さん」

ゆみ「ん?どうした?」

京太郎「髪留め、使うようになったんですね。よく似合っていますよ」ニコッ

ゆみ「ふふ、そうか。ありがとう」

京太郎「いえいえ。おっと、火が…」

ゆみ(……本当によく気が付くな。須賀京太郎くん、か…)

ゆみ「私もそろそろ頂こうk…」

京太郎「……加治木さんがマーリンさんだったらどれだけ嬉しいことか…」ボソッ

ゆみ「………え?」

京太郎「え?あ…も、もしかして、今の聞こえてました?」

ゆみ「あ、ああ…」

京太郎「あっちゃ~…すいません、忘れてくださいっ!」ゲザー

ゆみ「……どうしてそう思ったんだ?」

京太郎「え、どうしてって…あの、怒らないでくださいます?」

ゆみ「ああ」

京太郎「えっと、加治木さんの苗字って、音だけだと魚のカジキと同じじゃないですか」

ゆみ「……ふむ」

京太郎「それで、偶然なんですけど、カジキの英語、Marlinが有名ネットアイドルのマーリンさんと一致するんだなぁ、って思って…」

ゆみ「………」

京太郎「あ、あはは…昨日の掲示板での内容から、もし加治木さんだったら俺にもチャンスがあるんじゃないか、って、カッコ悪い妄想ですよ」

ゆみ「……もし…もしも、だ。私が、その通りだ、と言ったらどうする?」

京太郎「え?……そうですね、きっとアピールしまくりますよ。マーリンさんのブログは昔から見てますけど、直向きに頑張る姿にずっと惹かれ続けて来たんですから」

ゆみ「……は、はは…」

京太郎「?」

ゆみ「あはははははっ!!」ポロッ

京太郎「うぇっ!?ちょ、か、加治木さん!?何で泣いて!?」

ゆみ「いや、何、嬉しいんだよ。…はは。なぁ、須賀くん。もしかして、君はKか?」

京太郎「!?え、どうしてそのことを…!?ま、まさか…」

ゆみ「ああ、そのまさかさ。ちなみに、さっきの君の推理はピッタリ正解だよ」

京太郎「そう、だったんですか。でも、嬉しい、とは?」

ゆみ「ああ。君自身も言っていただろう?Kはいつも私を応援してくれていた。そこには本当に感謝しか無い。そして、昨日の件。分かるかな?

私は君を目で追ってしまっていたんだ。つまり、だ。気になる人と感謝している人。それが同一人物だった。今、これ以上に嬉しいことは無いよ」

京太郎「加治木さん…」

ゆみ「おっと、無駄話が過ぎたな…改めて言わせてもr…」

京太郎「待ってください!」

ゆみ「?一体どうしたと…」

京太郎「ここまで話が進んでから、って言うのはちょっと卑怯な気もしますけど、それでも、これは俺から言いたかったことですから。

加治木ゆみさん、よかったら俺と付き合ってください。お願いします」

ゆみ「ふふ、なるほどな。ああ、勿論OKだ。これからは私を側で支えてくれ。京太郎くん」

京太郎「はい、誠心誠意、頑張らせて頂きますっ!」


カン!