わしは名探偵じゃじゃあの染谷先輩!


染谷まこちゃんは名探偵だよ!
好きな映画は「マッドマックス2」!
嫌いな映画は「ドニーダーコ2」!
そして好きでも嫌いでもない映画は「センターオブジアース2」だよ!



智美「ワハハ!燃料切れだぞー!」

京太郎「あ、智美さんガス欠ですか?」

まこ「ガソリン切れるまで乗るからじゃろうに…まあ、そこにガソリンステーションがある、ここまでガソリンを持ってきてもらうか」

智美「いやいや大丈夫!この車はエコ改造してあるからガソリンで走らないんだー!」

まこ「ほー、そりゃすごいのう…じゃあ電気自動車か?」

智美「それはなぁ……これだ!」

まこ「<●> <●>」

京太郎「あー!それなくなったと思ってた俺のシャツ!?」

智美「この車は京太郎の汗が燃料なんだー!」

京太郎「ファッ!?」

智美「本人から抽出できればいいんだけどそうもいかないから、
須賀宅からベッドのシーツやパンツやシャツなんかを失敬してるんだー!

しかしそのせいであまり走れないんだけど、おかげで車内は京太郎のにおいでいっぱいで幸せだぞー!ワハハ!」


まこ「<●> <●>」




真面目に考えて凄い発明だと思うんだけどなーワハハ…




        __[警]
         (  ) (カマボコ)
         (  )Vノ )
          | |  | |
…………


智美「私は実家の職業柄、鼻がきくんだー」

まこ「あぁ、その話は聞いた事あるのう」

京太郎「へー、ご実家はなにをされてるんですか?」

智美「早速証拠を見せてやろう」

京太郎「あれ?」

まこ「なんかアウトな質問だったみたいじゃのう」

智美「クンクン……京太郎、いま履いているのは三ヶ月前にしま○らで買ったやつだなー」

まこ「<●> <●>」

京太郎「え?履いてるって…え?」

智美「ワハハ!私は京太郎の下着ならなんでも嗅ぎ分けられるんだぞー!
なにしろ日夜自室で『チキチキ!きき京太郎のトランクス』をやって……」



まこ「<●> <●>」




人間のもつ能力の限界にチャレンジしていただけなんだぞーワハハ…




        __[警]
         (  ) (カマボコ)
         (  )Vノ )
          | |  | |



カンッ