和「須賀君…本気なんですか?」

由暉子「私たちよりも…」

霞「彼女がいいというの?」




京太郎「ええ」

はやり「きゃはっ☆」



和「どうしてなんですか!確かに彼女もそれなりですが…!」

由暉子「私たちに匹敵するほどではありません」

霞「年の差だってあるのに…」


はやり「んん~?ちょ~っと聞き捨てならないワードが聞こえたぞっ★ぷんぷんっ★」


京太郎「ええ、確かに俺は大のつくおっぱい星人です…しかしはやりさんにはそれだけではない魅力があるんです!」


和「な…!」


京太郎「それはさっき霞さんが言ってた年にも若干関係があります……まずは!」グニッ

はやり「きゃんっ♪」


京太郎「このっ!だらしない尻っ!!」


由暉子「お、お尻…ですか?」


京太郎「そうっ!おっぱいは20代前半、しかしこのっ、たぽたぽした柔らかすぎる尻はっ、まるでっ、40代っ!そこがいい!!」グニグニグニグニグニ

はやり「よっ、40代って言われるのはっ、複雑だけどっ、京太郎君が喜んでくれるならっ、いいかなっ☆」

京太郎「それにくらべて和たちの尻は小さくはないけど、しまりすぎているっ!やわらかそうに見えないっ!!むしろ胸に比べるとかたそう!」


和由霞「か、かたそう…?」ガーン


京太郎「乳と尻、両方合わさらなければ男は釣られないんだよ…」フッ

はやり「京太郎君…すてき…////」ポー


和由霞「…」ズーン


京太郎「わかってくれたかはやりさんは顔は10代、胸と肌は20代、尻は40代、そして……」グニィッ

はやり「あふん……京太郎くぅん…」トローン

京太郎「性欲は30代、パーフェクトだよ……」


和由霞「」

…………

和「……運動してはいけない、だけど太ってはいけない、これらを両立させて臀部をだらしなくするためには…」ブツブツ

由暉子「お尻だけ反アンチエイジングする方法は……」ブツブツ

霞「大きいだけではだめ…そう柔らかくするためには……」ブツブツ



佳織「おっぱいだけじゃダメだったなんて……もっとお肉食べようかな」

春「……もっと、もっと食べて脂肪つけないと…」ポリポリポリポリポリポリポリポリ

絹恵「くぅぅっ…さ、サッカーしたら脂肪が燃えてお尻がキュってなってまう…!!」



白望「だらしない体になら自信がある…」ムフー

宥「わ、私だってだらしないもん…!」

竜華「ウチもそれなりにだらしない…と思うなぁ、足とか」



一「くぅっ…お尻と性欲なら負けないのに…!!」

咲「…お尻だけなら…お尻だけならぁ~~…!!」



優希「…」

衣「…」

穏乃「…」

灼「…」

洋榎「…」

胡桃「…」

もこ「…」

咏「…」


哀愁漂うカンッ