竜華「おっはよーっ!」

京太郎「あ、竜華さん」モグモグ

怜「おっ、ちょうどええところに来たな!」モキュモキュ

竜華「2人とも何食べてるん?」

怜「京ちゃんの実家から色々と食べ物届いてな」

京太郎「ちょっと量が多いので持ってきたんです」

竜華「ならうちも食べる!」

京太郎「じゃあ…どうぞ!」

竜華「えっ…」ピキッ

怜「どうかしたんか?」

竜華「ここここれって!?」

京太郎「長野で俺がよく食べていた蜂の子とざざ虫です」

怜「これってほんまにうまいなー」モグモグ

竜華「こんなん食べたらあかん!ペッってしないと!」

怜「別に食べ物なんやし大丈夫やって、うまいし」

京太郎「ですよねー」

竜華「せやけど虫なんて食べ物やないやろ!」

怜「竜華…受け入れがたくても文化を否定するのはあかんで」

京太郎「そうですよ、世界の戦争の一部はそういった他人の文化を受け入れないせいで起こるんです」

竜華「でもーっ!」

怜「さあ、竜華も1つ食べればわかるって!」

京太郎「さあ、さあさあさあ!」

竜華「うちには無理やーっ!」ピューン

怜「あっ、行ってもうた…」

京太郎「どっきりって言う暇もなかったですね」

怜「ほんまは京ちゃんの作った昆虫ゼリーやのにな」モグモグ

京太郎「まあメールでネタばらしして残りは食べちゃいましょ」

怜「せやねー」パクパク

京太郎「本物もおいしいのに…」ボソッ



~後日、京太郎の家~

京太郎「ちょっとお風呂洗っちゃうので適当にお茶でも淹れてれください」

怜「はーい」ゴロゴロ

竜華「もうゴロゴロしとる…」

京太郎「あとお茶請けは冷蔵庫の中のもの適当にどうぞ」

怜「りゅ~か~おちゃ~」ゴロゴロ

竜華「もう…ちょっとは手伝ってや!」

怜「じゃあ冷蔵庫のお茶請けだけ出すか」ヨイショ

竜華「どんなのがある?」

怜「おっ、蜂の子にざざ虫やん!」

竜華「また昆虫ゼリーなんて作って…」

怜「流石に2度目は引っかからんよなー」

竜華「じゃあそれにしよか」

怜「せやなー」

竜華「お茶もできたでー」コポポ

怜「おぉ…暖まるな」ズズッ

竜華「じゃあゼリー食べよか!」

怜「いただきまーす!」パクッ

竜華「いただきまーす!」アムッ

怜「あれ…この前のと違う?」

竜華「なんだかしょっぱい気がするんやけど…」

怜「砂糖と塩間違えたんか…?」

竜華「いや、これ醤油の味やし…まさか…」プルプル

怜「ほん…もの…?」プルプル

『うっ…おえっ…』

京太郎「いまお風呂いれ…って2人とも…ぎゃーーっ!!」

カン!