明華「ランラランララーン♪」

京太郎「ランラランララーン♪」

淡「あっ!きょーた……えっ、その一緒に手繋いでるやつ誰!?」

京太郎「げっ、淡…」

淡「げっ?!いま何かげって聞こえたんだけど!?」

京太郎「いやいや違う、ゲッツ、ゲッツって言ったんだよ」

淡「ゲッツ?そっか、ならいいや」

京太郎「(こいついつか変な壷買わされたりしないだろうな…)」

明華「おやぁ?あなたは白糸台の大星さん……ちょうどよかった、皆で映画を観ましょう♪」

淡「映画?」アワ?

京太郎「えっ?ああ、今日は元々この明華さんと遊ぶ約束してたんだけど、
ビデオ屋で明華さんのオススメ映画借りて俺の泊まってるホテルで一緒に見ようって話になってさ、今ホテルへ戻るとこ」

明華「そういうことです、いかがですか?」

淡「(ホテルで…二人きり…?)

!!!そ、そんなの絶対にさせないんだから!!行く!私も行く!!」

京太郎「え、えぇ~!せ、せっかく明華さんと二人きりになれるチャンスが…」

明華「では行きましょうか♪」ギュッ

京太郎「おふっ!は、は~い…♪」

淡「あ、こらー!さっきから二人近すぎだってーの!!」

…………

京太郎「それじゃ明華さんオススメの作品、『グランブ○ー』再生しまーす」

明華「ふふふ…絶対に損はしませんよ」

淡「んー?海の映画~?何か眠くなりそう~…」


……

淡「あっ!この人知ってるー!ドラ○もんの格好してたメガネオヤジだー!」

明華「彼はこの映画で有名になりましたから」

京太郎「シャツだせぇ…」

……

淡「ちょっとこいつー『イルカに似てる』ってそんなの口説き文句にならないっての」

明華「あら、ロマンチックではありませんか?その前の『水の中で会ったね』と合わせると美しい台詞だと思います」

京太郎「そうだぞ淡、こういうのは雰囲気のロマンスを楽しむんだよ」

淡「むぅ~~!」

……

淡「わぁー!イルカ可愛いー!」

明華「本当に、いつみても綺麗な映像です…」

京太郎「へー、ちゃんと言われた通りに動くんだなぁ………淡にも見習ってほしいぜ」ボソ

淡「へ?何か言ったきょーたろー?」

……

淡「うわー!ジョアンナやっるぅー!男追いかけて来ちゃったよ!きゃー!」

明華「恋をする人は強くなりますから……ね♪」

京太郎「あ、あの…なんで俺のほう見るんですか…」

……

淡「あ…あわ…あわわわわわ/////////」プシュー

明華「はぁ~…体と体で強く結ばれる男女……素敵ですねぇ…♪」サスサス

京太郎「(なんで俺の手さすってるんですかー!?何か勘違いしちゃうじゃないっすかー!!)」

淡「あわ~!もう観てられないっ///////」ダキッ

京太郎「うわっ、俺の胸に顔うずめるなよっ(なんだよこいつも!いい香りするじゃないかー!ちくしょう!)」

明華「………」サスサスサスサス

京太郎「(どうしてさする速度がはやくなってるんですかね…?)」

……

淡「あ……ドラ○もん…?」

明華「………」

京太郎「………」

淡「そんな……」

……

淡「ジャック…嘘…だめだよそんな……だめだめ…!」

明華「………」

京太郎「………」

淡「ジョアンナ……」ポロポロ…

…………

観賞後


淡「あわぁぁぁ~~~~ん!あわぁぁぁ~~~~~ん!!悲しすぎるよキョータロォ~~~!!」ビェェーン

京太郎「ああ、なんつーか…なんともいえないけど……映像といい演出といい、それに音楽といい…綺麗な映画だったな」

明華「ええ、本当に……これは母も大好きな映画なんです、だからあなたにも観てほしくて…」

京太郎「ああ、ありがとう明華さん…」

淡「ね、ねえっ京太郎はどこにもいかないよねっ…ぐすっ、突然消えたりとかっ…」

京太郎「はぁ…しねーよ、しねーから安心しろって」ナデナデ

淡「あわぁぁぁぁ~~~~~~~ん!!」ビェェェーーン

明華「ふふ…」



淡はそのあとも10分以上泣き続けたが、一緒に借りてきた『ストリート○ァイター』を観ると
すぐに笑顔を取り戻したので、京太郎と明華は安心しましたとさ

カンッ