淡「………んぅ…はれ?」コシコシ

淡「……あ…私、寝ちゃってたのか…」

京太郎「Zzz…」

淡「あ、京太郎の膝枕////でも、何で………あ…」
―――――
―――

咲「……カン!もういっこ、カン!…ツモ。四槓子です」

アナ『き、き、き、決まった~~~~っっ!!なんとなんと!!優勝は初出場、清澄高校だ~~っっ!!』

淡「そ、そん…な……」

咲「……ありがとうございました」ペコッテクテク

淡「…え?あ……あ、ありがとう、ございまし、た……」

~~~~~
淡「…………」

淡(ど、どうしよう……皆に、合わせる顔が無いよ…)

ガチャ
淡「っ!?」ビクッ

京太郎「あ、淡!よかった、ちゃんと戻って来てたんだな…」

淡「……キョータロー」

京太郎「ん?どうした?」

淡「……ふぇ…」

京太郎「…淡?」

淡「ふぇ~~~~~ん!!」

京太郎「!?」

淡「わ、わだじ…負けぢゃった…」

京太郎「お、落ち着けって、淡!な?と、取り敢えず中に入ろう!」

淡「うぅ……グスッ」

照「あ、淡。お疲れ様」

菫「よく頑張ったな、淡」

淡「………」

菫「…淡?」

淡「ごめ゛、ごめ゛んなざい~~~!!」

一同「!?」


淡「わ、わだじのぜいで、み゛んなの優勝が~~!!」

誠子「淡?あんまり気にするなって。誰にでも負けてしまう時はあるんだから」

尭深「そうだよ、淡ちゃん。ほら、顔を上げて」

淡「でも……でも!!」

京太郎「~~~~っ!淡!ほら、顔を上げろ!んでもって、皆をよく見てみろ!」グイッ

淡「いやっ!やめっ…」

京太郎「先輩方の顔を見ろ!誰か一人でも避難する目をしているか?!」

淡「……あ」

菫「すまないな、須賀。淡、私達は誰も、お前に対して怒ってなどいない。むしろ、誇らしいとすら思っている」

淡「そんな……嘘、だよ…そんなの……」

照「菫の言っていることは本当。淡は頑張った。今の咲相手に、あそこまで食い下がることが出来たのは淡が本当に頑張った証」

淡「………」

尭深「淡ちゃん。淡ちゃんはいつもの部活で負けそうになった時、あそこまで必死になって打ったことあった?」

淡「え?そ、それは…」

誠子「はは、なかったよな。でもさ、今の決勝ではそれをやった。やってくれたんだ」

菫「そうだな。泥臭いことは自分には似合わない、と言っていた淡が、泥臭い試合運びをしてまで勝ちにいった。

惜しくも一歩届かなかったが、今、淡は私達の為に泣いてくれている。私は優勝出来なかった悲しみよりも、そんな淡の成長の方が断然嬉しいよ」

尭深「むぅ…部長、全部持っていかないでくださいよ…」

照「菫は強欲だから、仕方ない」

菫「……照、今日は以後おやつ抜きだ」

照「!!す、菫はとっても無欲。美人。(パッド)巨乳」

菫「……向こう一週間抜きだ」

照「!?」

淡「でも…私が…」

京太郎「淡。こう言っては何だけど、麻雀なんて所詮時の運だ。今回は偶々運が回ってこなかっただけ。それでも、その流れに抗おうとした淡の姿、それを先輩方は認めてくれたんだ。

分かるか?お前はもう正真正銘、白糸台高校チーム虎姫の大将なんだ。一度の負けが何だ!胸を張れ!」

淡「…そんなこと、言われたってぇ……グス」

京太郎「まあ、今はまだ悲しみが強いのも分かる。でも、それは淡がそれだけ先輩方を大切に思っていることの裏返しでもある。

普段おちゃらけてるお前だけど、その実、どれだけ先輩方を好いていたか、俺は知っているつもりだ。

だから、今は泣け。俺の胸で良けりゃ、いくらでも貸してやる。俺でなくとも、先輩方も喜んで貸してくれるさ」

淡「………うぅ…うあああぁぁぁぁぁ…」ヒシッ

淡「私、負けちゃった…」

京太郎「うん」ナデナデ

淡「悔しい…悔しいよぅ…」グスッ

京太郎「うん」ナデナデ

淡「私っ…本当に、申し訳なくて…」ズズッ

京太郎「ああ、分かってる」ナデナデ

淡「ううぅ……うあぁぁぁぁん…」

京太郎「大丈夫。今は泣いていい。今は泣いて、その悲しみを涙と共に洗い落とそう。それで、皆が好きな、淡の無邪気な笑顔を見せてくれ」ナデナデ

淡「うん…うん……」

コンコン
大会係員「あの、少しよろしいでしょうか?」

菫「ん?何か?……ああ、なるほど、分かりました。須賀、すまないが、淡を頼む。私達は会場へ行くぞ」

照尭誠「はい(はーい)」

菫「では、須賀、頼んだぞ…」パタン

―――
―――――

淡「……そっか。あの後、泣き疲れて眠っちゃったのか…」

京太郎「……んにゅ…」

淡「あは、可愛い寝顔…」

淡「あ、今私……ふふ、そっか…」

淡「考えてみれば、辛い時はいつも、キョータローが側に居てくれたんだね…」

京太郎「Zzz…」

淡「……うん。そうだね…」

京太郎「………」

淡「キョータロー…」

ソーッ…chu

淡「いつも、ありがとね…なんて、寝てる時に言っても意味ないよね…でも、もう少しだけ、このままで…」

淡「…いつか、ちゃんと伝えたいな…」



京太郎(まだ本調子じゃ無いのか、随分としおらしいな。ま、そんな淡も可愛いんだが…)

京太郎(安心しろ、淡。俺はお前が拒絶しない限り、ずっと側で支えてやるから……)


カン!