京太郎「はぁ…はぁ…はぁ…!」

玄「京太郎くんっ、お加減はどうですか~?」

京太郎「玄さ…ん…!も、もう…やめてくれ……俺…」

玄「もう、そんなに清澄に帰りたいの?あそこはもうあなたを必要とはしていないのに…」

京太郎「はぁ…はぁっ…く…こ、このままじゃ…もう…」

玄「本当に京太郎くんが必要ならここまできて探しにくるなのにねぇ~…
でもあの竹井さん達ご一行が見えたことなんてないんだよ?」

京太郎「うあぁっ…あぁっ……!」

玄「あ、ごめんなさい京太郎くん…いまはお薬の効果がピークを迎える時間だったよね…
とてもこちらの話を聞く余裕なんてなかったよね…ごめんね、ごめんね…」

京太郎「あぁぁ……!」

玄「でもでも、今日は嬉しいお知らせを持ってまいりましたー!じゃじゃんっ!
なんと~…京太郎くんの手かせ足かせが外せる事になったのです!」

京太郎「えっ…!!」

玄「ふっふ~、よかったね京太郎くん!これでもう窮屈な思いをしなくていいんだよ~?」

宥「玄ちゃん……まだ、かな?」

玄「あ、お姉ちゃん!我慢できなかったんだね、もうすぐだよ」


京太郎「はぁっ、はぁっ、はぁっ、はぁっ!」ガチャガチャ

宥「京太郎くん…苦しそう、もうすぐだからね…頑張って…」

玄「こらこら、興奮しないの…ほら……」プス…

京太郎「!!?」

玄「外す前に最後のお注射っ♪それでは~…外しま~す♪」カチャカチャ

京太郎「かはっ…はぁっ、はぁっ、はぁ……うぅっ」ドクンドクンドクンドクン

宥「あは…京太郎くん……」

玄「京太郎くんも待ってたんだよね、この日を……私達もね、ずっと待ってたんだ…
毎日毎日京太郎くんが自由になった時の事を考えててね……
でも、やっと…あぁ…やっと……!」

京太郎「(外れた……俺……自由……動ける……好きに……
目の前……女……宥……玄……女……女…女…女…女、女、女女女…!)」

宥「すごぉい…京太郎くん……目が怖いよぉ……♪」

玄「京太郎くん…こっちおいで……大丈夫、私達は味方だよ…♪」

京太郎「(女…誘ってる…女が俺を…誘ってる女が…女女女女女!)」

宥「これで京太郎くんと一緒になれるね…長かったぁ…」

玄「京太郎くん、もう我慢しないでいいんだよ…」




京太郎「!!!」ガバァッッ



…………

京太郎「はぁ…はぁ…はぁ……くそっ!」

宥「えへ…えへ…えへへ……」ピクッピクッ

玄「すごぉいよぉ……きょうたろうくぅん……」ピクッピクッ

京太郎「ちくしょう、ちくしょう…こんな…こんな、ちくしょう…!」




憧「玄ー、宥姉ー、いるのー?」

穏乃「お邪魔しまーす!」

京太郎「?!」



ガラッ



穏乃「あ、きょ………!」

憧「なに、これ……」




宥「はぁっ…はぁん…」ピクッピクッ

玄「ふぅっ…ふぅっ……」ピクッピクッ

京太郎「あ…あぁ……!!」











憧「もー!先に始めてたなんてひどい!」

穏乃「こっちだって楽しみにしてたのにー!」


京太郎「え…?」



穏乃「確かにさー、京太郎を囲って二度と阿知賀の外に出られなくする計画を立てたのは玄さんたちだけどさ」

憧「そっちが京太郎を見張ってるから、薬の調達してきたのは私達だってのに」

穏乃「外に噂が漏れないように色々頑張ったんだよ!」


京太郎「…………え?」


穏乃「ねえ、京太郎…まだ薬残ってるかな?」

憧「残ってないと困るわよ……あ、でも見て、目の色がなんか変わってきてる…」


京太郎「うぐっ…ま、またっ…!?……うっ、くぅっ………」ドクンドクンドクンドクンドクンドクン


穏乃「でも和達には悪い事したよね…」

憧「まーでも京太郎を散々コキ使ってきたんだしいい薬よ
それでもしばらくしたら和だけは特別にここに呼んでもいいけど…」

穏乃「あれ、和も京太郎の事好きなんだっけ?」

憧「どう考えてもそうじゃない…あ、もうすぐっぽいね」


京太郎「はぁっ…はぁっ、はぁっはぁっはぁっはぁっはぁっ…!!」ドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクン


ドクンッ




カンッ