ガラッ

菫「おはよう…む?」

ギャーギャーギャー

菫「…またか」ハァ

誠子「あ、おはようございます」

尭深「…」ペコリ

菫「ああ。…で?今度は一体なんだ?」

誠子「今日は珍しく麻雀の話らしいですよ」

菫「まず麻雀が珍しい麻雀部とはどういうことなんだろうな?」

照「ごまたまご美味しい」モフモフ

菫「おい、せめてお前はもう少し興味を持て」

照「っ…」ビクッ

菫「?」

照「…」プルプルプル

菫「お、おい…どうした照?」

尭深「…どうぞ」スッ

照「っ!」パシッゴクッゴクッゴクッ

照「ふぅ…死ぬかと思った」

菫「…」

照「それで、何か言った?菫」

菫「いや、もういい…」

照「そう。それはそれとしてこの鳩サブレもおいしい」フシャフシャ

菫「…とりあえず二人のところに行くか…」スタスタ
………
……


淡「だーかーらー!ここはこれを切るのが良いんだってば!」

京太郎「切るのは良いとしても俺はその理由を聞いてるんだよ!」

淡「理由!?ここがうにょーんとしててこれがにょばばーってなってるからこのもにゃっとしてるのをぬばっと切ればいいってこと!分かった!?」

京太郎「分からん!ていうかその気持ち悪い擬音は何だよ!?日本語で話せ日本語で!あと論理的に!」

淡「論理ぃ!?んなもん知らん!」

京太郎「このアホの申し子!」

淡「このウドの大木!」

京淡「「ぐぎぎぎぎぎ」」

菫「このバカ共!」パコッポコッ

京太郎「んがっ」淡「ぐえっ」

菫「言い争いはよそでやれ。皆が迷惑…いや、たとえしていなくとも私が迷惑だ。指導力不足として呼び出しを食らうのはもうたくさんだからな…」

京太郎「うっ…すんません…」

淡「…ごめん」

菫「…ふぅ、まあいい。どこで詰まってるんだ?見せてみろ」

京太郎「あっ、はい!ここなんですけど…」

菫「ふむ、ここは捨て牌から考えて…ここで大体絞れてくるがここを見るとさらに…そして結果、これを切るのが一番良いわけだ」

京太郎「あぁ…そういうことか!」

菫「理解できたか?」

京太郎「うっす!ありがとうございました!」

淡「ふふーん。やーっぱ淡ちゃんの言ったとおりでしょ?このウド助め」

京太郎「ぐぬぬ」

菫「あと淡」

淡「あい?」

菫「お前はもう少しデジタルを学べ」

淡「えー?なんで?」

菫「今までお前は直感で戦ってきたし、それで成功もしている。だがそれがいつまでも続くと思ったら大間違いだバカたれ」

淡「ぐぬぬ」

京太郎「やっぱ駄目なんじゃねーかアホの子め」

淡「このやろ!」ゲシッ

京太郎「だっ!?何すんだこいつめ!」グリグリ

淡「みぎゃー!」ジタバタ

ドゴォォォン

京淡「「!!??」」

菫「…おっと、つい力を入れすぎて壁を壊してしまった…で、何を争っているんだ?」ニッコリ

京太郎「いえいえいえ!何もありませんですのことよ!」

淡「そーそー!私達親友だし!喧嘩しないあるよ!」

菫「そうかそうか、仲良しなのが一番だからな。喧嘩するなよ?」

京淡「「ウィッス!!」」

…………

誠子「つまりするの?しないの?」

尭深「さあ…?」

照「けほっけほっ…」

尭深「あ、お茶いります?」

照「ありがとう…」ズズッ

誠子「わざわざうまい棒を粉にして食べる人初めて見ましたよ…」

白糸台は今日も平和です

カンッ