和に一目惚れして麻雀部に入部したはいいものの、肝心の麻雀の腕前では皆の足元にも及ばない。

だったら部活動のサポートという形で雑用を引き受けて、少しでも良い所を見せたいのが男心というものだ。


それは買出しだったり。

和「あ、お茶切れてますね」

京太郎「んじゃ、俺買ってくるよ。他に何か欲しいものとかあります?」

久「あら、ありがと。それじゃあ、ホワイトボードに使うペンもついでに買ってきてくれる?」

京太郎「了解っす」

咲「京ちゃん最近打ててないけど大丈夫?」

京太郎「いいって、家でネトマとかやってるから。それにみんなには全国に集中してもらいたいし、俺が出来るのはこれくらいだからな」

久「……」


牌譜整理だったり

久「他校の牌譜を入手してきたわ」ドサドサドサッ

まこ「こいつはまた……」

優希「どえらい数だじぇ」

京太郎「あ、整理必要なら手伝いますよ」

和「いいんですか?」

京太郎「大会に出れないけどせめてこれぐらいは。それに牌譜整理で勉強にもなるしな」

久「ふふ、ありがと」


自動卓のメンテナンスだったり

久「須賀くん、こんなこともできるの?」

京太郎「ええ、ちょっと詳しい人に色々教えてもらいました」

久「へぇ」


タコス作ってきて優希が全力出せるようにしたり

優希「おぬし、メキシカンか!?」

和「意外な特技ですね」

京太郎「習ったんだよ、龍門渕の執事さんに」

まこ「ようやるのう」

京太郎「少しでもみんなの力になれればと思って」

久「……」


とにかく、やれるだけのことはやった。

惚れた女の為とはいえ俺自身も部の役に立てて嬉しかったし、清澄が全国制覇した時はみんなと同じくらい感動した。


そして怒涛の全国大会を終え、夏休み最後の日。

今日は部活動は無く、部室にいるのは俺一人。

明日から新たなスタートを迎えるわけだし、牌磨きでもやっておこうかと思ったのだ。


京太郎「……そういや、そこは和がいつも座ってるんだよなぁ」

牌を磨きながら和の定位置に目を向ける。

京太郎(しかし、こうして他に誰もいない部室ってのも新鮮だなぁ)

京太郎(ただ雑用だけして帰るってのも勿体無い気がしてきたし……そうだ)

京太郎(告白の練習とか、どうだろう。本番に備えて)

京太郎(よしじゃあ、そこの入り口に和が立っていると仮定して――)


久「あ、誰かいる?ちょっと、忘れ物しちゃったんだけど――」ガラッ

京太郎「あなたのことが好きです!俺と、付き合ってください!」

久「――え?」

京太郎「……あっ」



久「……」

京太郎「……」

京太郎(……どうしよう、この空気)

京太郎(ちょっと気合入れてキメ顔作ってたから、かなり恥ずかしいんだけど)

京太郎(部長もビックリして面食らってるし、これは……)


久「……嬉しい」ポロッ

京太郎「……えっ!?」

久「私も、須賀くんのことが、好きで……でも、雑用ばっかり押し付けてて」

久「でも、素直になれなくて……本当、どうしようって思ってたんだけど……」

京太郎「あわわ……」

久「同じ、気持ちだったんだね」チュッ

京太郎「」

久「あげちゃった、私のはじめて」

久「これからよろしくね、須賀くん……いや」

久「京太郎、くん♪」

京太郎「は、ははは――」


こうして、俺の夏休みは終わり。

夏休み明けに他の部員たちとの間で一波乱あるのだが、それはまた別のお話である。



カンッ