憧「はぁ…牛乳と醤油、一緒に買うんじゃなかった…重い…」

ガチャ
?「それじゃ、今日は突然ごめんね」

京太郎「いえいえ。駅まで道分かります?送りましょうか?」

憧「え…」

?「咲じゃあるまいし大丈夫よ…って、ん?」

京太郎「あれ?憧?」

憧「………」

?(……ふ~ん)ニヤリ

?「京ちゃん、この子知り合い?」ギュッ

憧「なっ!!?」

京太郎「はいぃ!?何するんすかいきなり!??」

憧「……帰る!」

京太郎「ちょ!ちょっと憧!待て誤解だって!先輩もいつまでしがみついてんすか!!」

久「えぇ~京ちゃんつめた~い。さっきまであんなにかわいがってくれてたのに~」ギューッ

憧「!!??」

京太郎「いやもうホントやめてくださいってシャレにならんからマジで」

憧「~~~っっ!!!」ダッ

京太郎「だからお前は待てってば!!」ガシッ

憧「ぅぅぅぅぅ…」

久「まぁ冗談はこれくらいにしますか」パッ

久「じゃあね須賀くん、また何かあったら連絡するから」

京太郎「わかりましたんで、いまは早く行って頂けるとありがたいのですが」

久「ごめんなさいね新子さん、ちょっとふざけちゃった」

久「須賀くんとはただの先輩後輩ってだけよ。それ以上のことは何もないから心配しないで」

久「まぁ心配させるようなことした私が言うことじゃないか。それじゃあ後は仲良くするのよ~」

……………………
……………
………

京太郎「さっきの人は高校時代の先輩で、たまたまこっちに来たから俺にも会いに来ただけ」

京太郎「今朝、突然連絡があって俺も驚いたよ」

憧「高校のとき付き合ってたとか…」

京太郎「無いって」ハァ

京太郎「おもしろそうだと思ったらとりあえずやるような人なんだよ。それで色々苦労させられた」

憧「ほんとに?ほんとに何もないの?」

京太郎「無い」

憧「………」

京太郎「………憧さん?」

憧「京太郎、そこに座って」

京太郎「あ、ハイ」

憧「なんで正座なのよ」

京太郎「え、いやだって怒られるのかと」

憧「…怒られるようなことしたの?」

京太郎「してない」

憧「そうじゃなくて、いつもみたいに」

京太郎「……あぁ、こうか」

憧「うん、そう」

ノソノソ………ストン

憧「いつもみたいにして」

京太郎「はいはい」

ギュウットネ

憧「ここはあたしだけの場所だからね」

京太郎「わかってるよ」



憧「そういえばさっきの人、あたしのこと知ってた」

京太郎「決勝で憧と打ってるからな、覚えてないか?」

憧「もう3年以上も前だよ?普通覚えてないわよ」

京太郎「まぁそうだよな。俺もよく覚えてたなって思った」

憧「あの頃と比べたら結構変わったと思うんだけどなぁ、背も伸びたし」

京太郎「いま何センチだっけ」

憧「155…」

京太郎「153だろ見栄張るなよ」

憧「いいじゃない2センチくらい!」

京太郎「いや2センチは割とでかいって…」

京太郎「まぁそういうところがあの人の人たらしたる所以なんだろうな~」

憧「人たらしって…」

京太郎「いやマジですごいんだよ」

憧「京太郎もたらされちゃった?」

京太郎「俺は相手にされてなかったんじゃねえかな」

憧「ふ~ん……じゃああの人、男を見る目は無いのね」ボソ

京太郎「え?なんだって?(難聴)」

憧「京太郎はかっこいいって言ったの」

京太郎「お、おう」

憧「なに?照れてんの?」

京太郎「ストレートに言われると結構恥ずいな」

憧「あたしは京太郎にかわいいって言ってもらえると嬉しいよ?」

京太郎「……憧」

憧「なに?」

京太郎「かわいいよ」

憧「しってる」

京太郎「なんだそれ」


このあと滅茶苦茶かわいがった

カンッ