京太郎(神様、今日も永水の皆のすばらしいおもちを拝めることを感謝します!)ニヤニヤ

霞「…あのね須賀君、バレてないつもりだろうけど私たちの胸を見てるのはわかってるのよ?」

京太郎「ウェ!?や、やだなぁ石戸先輩。紳士な俺がそんなことするわけ…」アセアセ

初美「どもってるから丸わかりなのですよー」

京太郎「あ、薄墨先輩に関しては完全に気のせいです」

初美「なんなんですかこんちくしょー!」

小蒔「で、でも恥ずかしいからあまり見ないでくれると…//」

春「姫様を…これは厳罰…」ポリポリ

京太郎「お、俺だって年頃の青少年として異性の体に興味があるんです。どうか寛大な心でお慈悲を!」

巴「そうはっきり言われても…」

霞「そう言うなら私の胸を貸してあげましょうか?」

京太郎「え、いいんですか!?」

霞「まあちゃんと返してくれるならいいわよ。はい」カポ

京太郎「」

春「それなら…私でも…」カポ

巴「まあ私も少し小さいけど…」カポ

小蒔「わ、私のも!」

初美「姫様はそんなことしなくていいのですよー」

京太郎「え、え?」

「「「さあ、どうぞ」」」



京太郎「…ウワアアアアアア!?」

京太郎「……夢でよかった」



京太郎「…おはようございまーす」ビクビク

霞「あら、おはよう須賀君。そんなにビクビクしてどうしたの?」

春「怖い夢でも…見た…?」

小蒔「え!大丈夫ですか!?すぐにお祓いを…」

巴「いや、それは大袈裟すぎじゃ」

初美「まったく、京太郎はだらしないですよー」

京太郎「…」

初美「なんですか?言いたいことははっきりと…」

京太郎「薄墨先輩、あなたが俺のオアシスだー!」ダキッ

「「「「「!?」」」」」

初美「な、なんですかー!?こういうのはちゃんと段階を踏んで、その//」

春「どういう…こと…?」

巴「あのおっぱい星人の須賀君が…」

霞「はっちゃんに抱き着くですって…?」

小蒔「うらやま、じゃなくっていけません!」

結局この日京太郎は初美から離れずメンバーの心をかき乱しまくったとさ

カンッ