透華「キャーッ!」

京太郎「ああ!透華さんが足を踏み外して階段から落ちてしまうッ!」

透華(よし!このまま京太郎さんの胸へ!)

ハギヨシ「お嬢様ッ!」

???「オラァッ!」

ハギヨシ「ふぅ……お気をつけ下さい、お嬢様」

透華「え、ええ、ありがとうですわハギヨシ」

透華(くっ、ハギヨシめ、余計なことを……)

ハギヨシ「お嬢様は勿論、京太郎くんにまで怪我をさせてはいけませんから」

透華「こ、心の声に口で応えるなですわ!」

京太郎(てか、ハギヨシさん、俺の10歩ぐらい後ろにいたよな?それに、あの筋骨隆々な人影はいったい……)

ハギヨシ(京太郎くん)チラッ

京太郎「!?」

ハギヨシ(いま見えてしまったものは、お嬢様には内緒ですよ)

京太郎「……」コクコク

透華「なに二人でアイコンタクトなんてしてますの!?」

京太郎(いや、アイコンタクトなんて、そんなちゃちなもんじゃ断じてなかったですよ……)

カンッ!