霞「京太郎くん、気持ちいい?」ムニュゥゥ

京太郎「はい、耳かき最高っす……当たってるし」

霞「いっぱい、溜まってるわねぇ……」

京太郎「さっきから発言が色々とヤバいですよ……!」

巴「……」ジーッ

――――――

巴「京太郎くん、耳かきしてあげる♪」ワクワク

京太郎「え?さっきして貰いましたから、いいですよ?」

巴「……むぅ」プクー

京太郎「…………お願いします」

巴「うん!じゃ、膝にっ」

京太郎「おじゃましまーす」ゴロン

巴「ぅひ……///」ピクッ

京太郎「巴さん?」

巴「あ、や、やるから……!」スッ

京太郎「もう耳垢無いと思いますけど……」

巴「……え、えーっと、き、気持ち……溜まってる?」グググ

京太郎「意味がわかんないです!あとなんでそんな前屈みなんですか」

巴「んんー……!!」ザクッ!

京太郎「イデェーッ!?耳ガァーッ!!」


春「京太郎、あーん」スッ

京太郎「黒糖?……自分で食べられるぞ?」ヒョイパクッ

春「む、口移しがいい……?」グイグイ

京太郎「あーわかったわかった!あむっ」パクッ

巴「……」ジーッ

――――――

巴「あ、あーん!」スッ

京太郎「え?巴さん?」

巴「……///」カァァ

京太郎「……えっと……普通に恥ずかしいんですけど」

巴「あ、あーん……!」グイッ

京太郎「……あ、あーん」パクッ

巴「んひゃっ!///」ビクッ

京太郎「あ、すいません、一瞬、指食べちゃいましたね」

巴「う、ゔぅー……!///」

京太郎「それじゃ、お返しに……」パクッ

巴「ぇ?」

京太郎「くひうふひへ!」(口移しで!)

巴「……っ!!?///」ボフンッ

京太郎「なーんて、冗談ですよー……ってあれ?巴さーん?」


京太郎「姫様ー、起きてくださーい」ユサユサ

小蒔「んむー……」zZZ

京太郎「起きないとこうですよー」モミモミ

小蒔「ふゃああっ!!?///」ビクゥッ!

巴「……」ジーッ

――――――

巴「す、すー……」←寝たフリ

京太郎「?」

巴「……ぐ、ぐー」

京太郎「……巴さん?」

巴「すやすやー……」ゴロン

京太郎「起こしたほうがいいのかな……」

巴「!……むにゃ……」

京太郎「巴さーん?……まぁいいか、部活中でもないしな」

巴「!?……ぐ、ぐおー!!」

京太郎「うおっ!?」ビクッ

巴「ぐー!ぐー!」ゴロゴロ

京太郎「……嫌な夢でも見てるのかな……そっとしておこう」

巴「………………触ってよー!///」ガバッ

京太郎「!?」ビクゥッ


京太郎「高いたかーい!」ガバッ

初美「わわっ!もーっ!先輩ですよー!?」ジタバタ

京太郎「あ、楽しくないですか?」

初美「………………なかなか楽しいですよー♪」パァッ

巴「……」

――――――

巴「……」バンザーイ

京太郎「あー見てたんですね、はいはい」

巴「や、やる前から気後れしないでよぅ……!私も恥ずかしいし……///」カァァ

京太郎「……あの、なんでみんなのマネするんですか?」

巴「……なんか……私、影薄いかなって」シュン

京太郎「そんなこと気にしてたんですか?」

巴「そ、そんなことってー!」プンプン

京太郎「巴さんがどうあっても、俺は大好きですよ!」ニコッ

巴「っ……あ、あぅぅ……!///」カァァ

京太郎「メガネ可愛い!ポニーテール可愛い!……影薄い可愛い!」

巴「最後のはコンプレックスなんだけど……!///」

京太郎「それでは巴さん……高いたかーい!」ガシッ

巴「うひゃあっ!?そ、そこ胸だからー!///」

カンッ!