春「うぅ……だ、だれか」

京太郎「大丈夫か!?」

春「こ、黒糖……」

京太郎「黒糖か?ちょっと待ってろ」

春「は、早く……」

京太郎「ほら、これでいいか?」

春「あむ」

京太郎「ゆ、指ごと!?」

春「ん、おいひ……」

京太郎「あふんっ」



春「……ZZZ」

久「で、その子を連れてきたわけ?」

京太郎「はいそうです。なんか気絶しちゃって」

久「はぁ……須賀くん、いい?誘拐は立派な犯罪なのよ?」

和「そうです。ましてやインターハイの真っ最中にやらかすなんて……」

京太郎「違うって!」

優希「くっ、あんまりだじぇ。私が手綱を放したばっかりにこんな胸の大きい巫女さんを……!」

京太郎「だから違うって言ってんでしょーが!!」

咲「京ちゃん……それはさすがにそれはどうかと思うよ」

京太郎「お前までそれかっ!味方いねーじゃん!」

まこ「ワシはわかっとるよ」

京太郎「先輩……!」

まこ「もういい、ゆっくり休みんしゃい。雑用のしすぎじゃ」

京太郎「わかってもらえてねー!畜生っ、やってられっか!」

春「……」

――――――


咲「あー、京ちゃん行っちゃった」

久「やーねー。ほんの冗談なのに」

まこ「ちょっとやりすぎたかのぅ?」

優希「犬は根性が足りないんだじぇ!」

和「えっ、冗談だったんですか?」

咲「和ちゃん、それはちょっと」

優希「さすがの私もびっくりだじぇ」

和「えっ、え!?」

久「とりあえず探しにいかないとねぇ……あれ?あの子、どこいったのかしら?」

まこ「さっきまでソファーに寝てたんじゃが」



京太郎「うーむ、つい飛び出して来たけど、良く考えたらからかわれていただけのような……」

春「……ちょっといい?」

京太郎「ん?ああ……もう動いても大丈夫なのか?」

春「さっきは黒糖切れしてただけだから……」

京太郎「なにそのエネルギーが切れたみたいな言い方」

春「黒糖は森羅万象の源。これは不変の真理」

京太郎「なんかの新興宗教かよ」

春「はっ、それもいいかもしれない……盲点だった」

京太郎「いや、なに言ってんだよ。君、神社の人じゃないのか?」

春「大丈夫。この国の神様はいっぱいいるから、一つぐらい増えても平気。きっと許してくれる」

京太郎「うわー超アバウト」

――――――


京太郎「で、なんか用か?」

春「実は特に用事があるわけじゃない」

京太郎「ないのかよっ。じゃあなんだって声かけたんだよ……」

春「……元気、出た?」

京太郎「……そっか、聞いてたのか。まぁ、なんというか、ありがとな」

春「黒糖のお礼。気にしないで」

京太郎「にしても、どうしようか。飛び出した手前、ちょっと戻りにくいんだよな」

春「……それなら、うちに来る?」

京太郎「うちって、家が近いのか?」

春「家じゃなくて旅館。うちの高校もインターハイに出てるから」

京太郎「でも、いきなり行っても迷惑だろ」

春「大丈夫。あなたみたいな人だったら姫様も喜ぶ」

京太郎「……なら、ちょっとお邪魔してみようかな?」

春「そうするといい……私、滝見春。永水女子の一年」

京太郎「ああ、俺は須賀京太郎。清澄の同じく一年だ」

春「須賀……良い名前」

京太郎「そうか?ま、よろしくな」

春「こっちも、よろしく」ニコッ


翌日、巫女さんハーレムを築いた京太郎が発見され、吉村と村田、ついでに咲と優希は病院内で静かに息を引き取った。


カンッ