優希「こんちわー!今日も部活がんばるじぇー!」

京太郎「…」

優希「お、京太郎いたのか。いたなら返事してほしいじぇ」

京太郎「…」

優希「無視かよ、まぁいいじぇ。それよりも今日の分のタコスを寄越すんだじぇ!」

京太郎「…」スッ

優希「むー、まだ黙秘を続けるか。犬の癖に生意気だじぇ、とりあえずはタコスをいただく!」

京太郎「…」

優希「うんまー!相変わらずタコス作りだけは上手いな、麻雀は下手くそだけど」

京太郎「…」

優希「ほんとの事言われて怒ったか?言い返せないから黙り込むなんてまったく、京太郎はガキだじぇ」

京太郎「…」

優希「…なんか言い返せよー」

京太郎「…」

優希「きょうたろー?」

京太郎「…」

優希「つまんないやつだじぇ、こんな奴はほっといて部活の準備しよーっと」

京太郎「…」

優希「京太郎、本気で怒ってる?」

京太郎「…」

優希「か、軽い夫婦のコミュニケーションじゃんか」

京太郎「…」

優希「このくらいで怒るとか、夫としての器量が」

京太郎「」プイッ

優希「あっ…」

京太郎「…」

優希「京太郎、あ、あの、ごめん…だじぇ」

京太郎「…」

優希「私も言いすぎたじぇ、反省してるから許してほしいじょ」

京太郎「…」

優希「きょうたろぉ…」

京太郎「…」

優希「もうこれからワガママ言わないから…エグッ…タコス買いに行かせたりしないから…ヒクッ…」

京太郎「…」

優希「だから、返事をしてよ…京太郎…」

京太郎「…」

優希「…ウゥッ」

ガチャッ

咲「京ちゃんおまたせ、薬貰ってきたよ!あ、優希ちゃんも来てたんだ」

優希「咲ちゃん…京太郎がぁ…」

京太郎「くっ、くくくっ」

優希「えっ?」

京太郎「あはははははっ!」

咲「どうしたの?二人とも」

京太郎「いや、なんでもねぇよ。それより薬ありがとな」

咲「あ、うん。私水を注いでくるね」

京太郎「おう頼む」

優希「咲ちゃん、薬って?」

咲「歯の痛み止めだよ。京ちゃん昨日親知らず抜いたらしくてまだ痛むんだって。だから私が保健室に痛み止め貰いに行ってたの。はい京ちゃんお水」

京太郎「さんきゅ」

優希「…京太郎?」

京太郎「なんだ?優希」

優希「さっき返事をしなかったのは」

京太郎「最初はほんとに痛くて話せなかったんだぞ?まぁ途中からはお前が面白くて黙ってたけど」

優希「よ、よくも騙したな!」

京太郎「お前が勝手に話してただけだろー」ニヤニヤ

優希「うるさいうるさいうるさい!慰謝料としてタコスを要求するじぇ!」

京太郎「あっれー、ワガママ言ったりパシらせたりはしないんじゃなかったかー?」ニヤニヤ

優希「なっ!?//…今日はボコボコにしてやるから覚悟しとけよ!」

京太郎「残念ながらこの後歯医者に行かなきゃならないから今日は打てないぜ」ニヤニヤ

優希「なんだとおおおお」

ワーワーギャーギャー

咲「今日も仲が良いなぁ」

かんっ!