京太郎「なぁ春…」

春「…私じゃない…」

京太郎「まだ何も言ってないんだけど?」

春「…」

京太郎「…おれが買っておいた、かりんとう饅頭半分食ったのお前だろ?」

春「…違う」

京太郎「…口に餡子ついてるぞ?」

春「はっ!?ど、どこ」ゴシゴシ

京太郎「…ごめん、嘘」

春「…ずるい、京太郎にはめられた」

京太郎「いや、勝手に食うお前も大概だけどな」

春「…ごめんなさい…」

京太郎「…はぁ…まぁ春にあげるために買って来たから良いんだけどさ」

春「なんで?」

京太郎「なんでって今日誕生日だろ?」

春「そうだけど…」

京太郎「気に入らなかったか?」

春「ううん、うれしいよ…でも」

京太郎「でも?」

春「私は京太郎と一緒に食べたいな」

京太郎「?…まぁそれぐらいなら」

春「ふふっ、じゃあ縁側で食べよう!」

京太郎「OK、お茶入れてくるよ」

春「渋めでね」

京太郎「お任せあれ!」

カンッ