京太郎「あー……暇だぁ……」ダレダレ

白望「あー……ダル……」ダレダレ

塞「あんたたちゴロゴロしてないで部活しなさいよ」

白望「えー……どうする京太郎……?」

京太郎「シロ姉がやるんなら俺もやるー……」

塞「……シロはいいとして、京太郎!あんたはまだまだ麻雀が弱いんだからしっかり練習あるのみ!」

京太郎「うわーん塞がいじめてくるよー(棒)シロ姉助けてー」

白望「よしよし、塞は鬼のように怖いから仕方ない……」

塞「シ~ロ~?誰が鬼のようだって?」

白望「……違った、鬼のようじゃなく鬼そのものだった」

塞「……シロ…いい加減にしないと怒るよ?それと京太郎!私の方が年上なんだからちゃんと敬称を付けなさい!」

京太郎「だって塞は塞じゃん、なぁ?シロ姉」

白望「うん、その通り」コクコク

塞「もー!シロが京太郎を甘やかすからこういうことになるの!それに社会に出て敬語が使えないと京太郎が困るんだからね?」

京太郎「そーなったらシロ姉に養ってもらうから大丈夫……」

白望「京太郎は私が養っていくから大丈夫……」

塞「…はぁ、それだと共倒れの未来しか見えないんだけど……」

白望「じゃあ私共々塞に養ってもらうことにする」

塞「はぁ!?な、なんで私が親類でもないアンタ達姉弟を養わなきゃいけないの!?」

白望「それは京太郎を婿養子にすれば万事解決でしょ」

塞「きょ、京太郎と私が結婚!?///」

白望「………………やっぱなし、考えたら京太郎は私のものだから婿に出すとかあり得ないし……」

塞「そ、それは京太郎の意思なんじゃないの?京太郎は結婚したがるかも……誰とは言わないけど!!(京太郎と……新婚生活かぁ……///)」

白望「それはない、あったとしても許さないから。例え豊音でも胡桃でも絶対に京太郎はあげないから」

塞「そろそろそのブラコンっぷり、どうにかならないかなぁ……」

京太郎「zzzz……」

塞「って京太郎はいつのまにか寝てるし!?」

白望「京太郎も寝たし私も寝るよ……お休み塞……zzz……」

塞「寝るのはやっ!?あーもー……だれかこの二人をどうにかして……」

カン!