京太郎「かくかくしかじか、というわけです」

久「なるほどね、いやあんまなるほどって感じでもないけれど……で、咲あなた一体なんだってこんなことを?」

咲「それはなんやかんやです」

京太郎「いや、なんやかんやって何だよ意味わかんねーよ」

久「そう、なんやかんやなら仕方ないわね」

京太郎「仕方ないんだ……そうなのか。あれ、俺がおかしいのか?」

久「まあ面白いとこも見られたからいいけど、ほどほどにしなさいよ」

京太郎「面白いって人ごとみたいに、そんじゃ部長もやってみてくださいよ
これ俺がお父さん役だしお母さん役がいてもいいんじゃないっすかね(キチスマ)」

咲久「!?」

京太郎(どうだこれで人ごとみたいには言ってられんだろう)

咲「京ちゃんちょっと待っ」

久「……いいわよ」

京太郎「ええっ、マジで乗ってきたよこの人!」

咲「部長!?別に無理して付き合わなくてもいいんじゃあ」

久「ここまで挑発されて黙ってられるもんですか!遠慮はいらないからかかって来なさい」

京太郎(かかって来るとか来ないとかってそういう話だったのか、たまげたなぁ)

京太郎「ただいま~」

久「お帰りなさいあなた、今日もお疲れ様」

京太郎(うわあ部長ノリノリだよ、『あなた』とかよく顔色一つ変えずに言えるな)

久(なんて考えてるんでしょうね。取り繕うのが得意なだけで恥ずかしいわよもう)

咲「パパーお帰りなさい!(何故こんなことに)」

京太郎「おおうただいま、夜なのに元気だなあお前は。それとノリノリすぎだろ」(ナデナデ

咲「うん!咲はいつだって元気だよ!(京ちゃんの父性を目覚めさせてさりげなく子供が欲しいなあとか、そういう流れにする予定が……あ、でもナデナデはいいかも)」

久「ふふ、元気すぎてちょっと困るけれどね。さ、夕食は出来てるから食べちゃいましょ」

京太郎「いつも悪いなあ、仕事で帰りが遅くなる時もあるのに助かるよ」

久「何言ってるのお互い様よ。それにこうやってお互いにありがとうって言ったり、皆で食事を笑顔で食べたり……この子を授かったり。私は幸せなんだから」

京太郎「本格的っすね……ごほんっ、そうだなこれからもよろしく頼む」

久「ええあなた(……家族、か)」

京太郎「部長?」

久「ふふ、こういうのも悪くないわね」

京咲「えっ」




そんな感じで部長が率先したため、清澄麻雀部ではこのままごと或いは『家族ごっご』がしばらくの間ちょっとしたブームになった。
なお、咲は原案(?)の発案者ということで子供役で固定になった模様。

咲「おかしい、こんなことは許されない」

カンッ