京太郎「あーん」

淡「あー」

京太郎「ほい」ヒョイ

淡「はむっ」

京太郎「お味はどうですかい?」

淡「んー…まあまあ!」

京太郎「んー…まだ改善の余地ありか…」メモメモ

淡「ねーねー、次はそれちょーだい!」

京太郎「はいはいちょい待ち」

菫「…何をやっているんだ?」

京太郎「あれ、どもです」ペコリ

淡「やっ!」ピッ

菫「あぁ、うん。淡は後で菓子抜きな」

淡「なんとっ!?」

京太郎「自業自得だバカたれ。いやですね、最近料理にはまってるんですけどスランプ気味でして…それで」

淡「私が味見役なのさ!ふふんっ、恐れ入ったか!」ドヤッ

菫「よし、明日の分の菓子も抜きだ」

淡「なんとっ!?」

京太郎「こいつ、舌だけは良いですから意外と参考になるんですよねー」

菫「そうなのか…舌だけは良いのか」

京太郎「ええ、舌だけは」

淡「もしかして私バカにされてる?」

京太郎「あーん」

淡「はむっ…んー♪」パタパタ

京太郎「もし小腹が空いてるなら一緒にどうですか?多めに作ってるんで」

菫「良いのか?」

京太郎「ええ、構いま淡「ダメっ!私の今日のおやつの代わりだもん!」ブー

京太郎「おいおい…」

菫「ふむ…私に分けてくれるのならば明日の菓子抜きは無しにしてやろう」

淡「どうぞお食べくださいませー」ゲザァ

京太郎「熱い手のひら返しだな…」

淡「お菓子のためならキョータローすら差し出す姿勢だよ!」

京太郎「何それすっごい複雑」

菫「…とりあえず私にも貰えるか?」

京太郎「あぁ、はい。今箸を…」

菫「あーん」

京太郎「えっ」

菫「どうした?くれるんじゃないのか?」アーン

京太郎「…えっ、あっ、はい…どうぞ」スッ

菫「んっ…なるほど、確かに美味いが…少し甘みが強いか?」

京太郎「ふむ…じゃあ少し砂糖を減らす方向で…」

菫「いや、それよりも砂糖の種類をこれに…」

京太郎「そうか、その手がありましたか!」

菫「あぁ、そしてこの調味料をここで…」

京太郎「ふむふむ」メモメモ

……………

淡「…むー、なーんか疎外感…」プクー

カンッ