京太郎は哩は幼馴染永水との合同練習の後で


霞「今日は本当にありがとうございました」

初美「京太郎!今度は絶対負けないのですよー」

巴「また会いましょうね」

春「…バイバイ」

小蒔「京太郎様!今度は鹿児島にも来てくださいね」

京太郎「おう、行く時になったら連絡するよ」

小蒔「はい!」

霞「では、行きましょうか姫様」

小蒔「うぅわかりました」


京太郎「はぁ~行っちまった~…」

哩「そぎゃん名残惜しかなら一生鹿児島に行ってくっといいばい」

京太郎「な、なんでそんな怒っているのでしょうか?」

哩「…知らん」

京太郎「…」

哩「(京太郎、永水の女の子の胸ばっか見て…私だって豊胸運動してるのに)」

京太郎「…あ、あの哩さん、今日この後お暇でしょうか?」ワナワナ

哩「暇ではなかって言ったら?」

京太郎「そ、それは困るな~」

哩「一応聞くと?」

京太郎「今日は哩の誕生日だろ?それでさ、街に行ってお祝いしたいなぁってさ」

哩「あ!?そやった」

京太郎「自分の誕生日忘れんなよ…」

哩「…むぅ…」ブー

京太郎「…」ホッペツンツン

哩「…ツンツンすんな…てかなんでウチが忘れよっのに、京太郎が覚えよっんだ?」

京太郎「そりゃあ10年以上一緒に居ればなぁ…去年も祝ったろ?」

哩「…そうやったな…」

京太郎「それで機嫌直ってくれないかな~って」

哩「…(ほんなこてにこの男って奴は…変に嫉妬したウチが馬鹿みたかではなかか)」

京太郎「だ、ダメでしょうか?」アセアセ

哩「…そいぎ、明日買い物ば二人で行ってくれたら許してあげるばい」

京太郎「もとよりそのつもり!」

哩「ふふぅっ全部京太郎の奢りばい」

京太郎「お任せあれ!」



哩「そっか、ふふっ…そいぎ家に帰っと?」

京太郎「そうだな、さすがに制服のままじゃな」

哩「きょ~たろ♪」手を握り

京太郎「うん?」

哩「今日はこれで帰ろっ!」

京太郎「えっと…」

哩「~♪」

京太郎「まぁ…いっか」



哩「なぁ京太郎?」

京太郎「ん?」

哩「私は私なりに頑張るから…」

京太郎「うん」

哩「他の子ば見たらダメばい♪」


かんっ