京・宮守

ガタガタッビュウビュウ

塞「風が強くなってきたね」

京太郎「姉帯さん大丈夫でしょうか」

エイスリン「トヨネisストロング!」

京太郎「確かに俺よりは体力ありそうですけど…」

胡桃「村での生活聞いた事ないけど体力使いそうなイメージあるものね」

白望「村とか……ダル」


バタンッ


塞「あっ、豊音じゃないかな」


豊音「やんや急に風さ吹いでどでんしたよー、
もうしゃっぽさも飛びそうでよ、
体さも冷えで冷えでさぶぐでてへんだたて、
早ぐぬぐだまりでぇ~

はぁ~、こうぇぐなったで、椅子さねまろ」


塞「」
京太郎「」
エイスリン「」
胡桃「」
白望「」


豊音「ん?


……………


……………


………………あ」



塞「と、豊音~…?」


豊音「うわぁぁぁ~~~~~~~!!

や、やっちゃったよぉぉ~~~~!!」


胡桃「お、お爺ちゃんみたいな言葉遣いだったね…」

エイスリン「」

白望「いつまでショック受けてるの…」


豊音「うぅぅ~~……油断してると出ちゃうんだよ~~
(あぁ~、よりにもよって京太郎君がいる前でなんてぇ……)」


京太郎「か……





カワイイィィィーーーー!!!」

塞胡エ白「ナヌ!?」

豊音「ほへ!?」


京太郎「方言めっちゃくちゃ可愛いじゃないですかーー!!
なんで今まで隠してたんですかもうー!!たまらん!!

ほら、もう一回!もう一回お願いします!!

あっ!俺も地元の言葉使わないと!!

もっかいお願いするに!!」


豊音「え、そ、そう…?えへへへ~……//////

そんじゃ言葉さ甘えで……」

京太郎「ぐぅわぁ!!カワイィィーーー!!!」


塞胡エ白「…」

…………

翌日



塞「か、かた雪かんこしみ雪しんこ!」

胡桃「わあ、うなだけんかしたんだがら又三郎いなぐなったな!」

エイスリン「クラムボン、カプカプ、スマイル!」

白望「みんな宮沢賢治ばかり……ダルい…べさ」


京太郎「あ、最後の『べさ』ちょっと可愛い」

豊音「京太郎ぐんさ、こっちでおじゃこでも飲むべ」

京太郎「あぁ~いぃっすねぇー!やっぱり豊音さんのナチュラル訛りが一番かわいいです!」

豊音「えへ、えへへへ~~/////方言さいこ~~///////」



カンッ