淡「はいっ、ローン!」

京太郎「ぐはっ!?嘘だろ!ってか、おいダブリーだけだと二飜じゃ…」

淡「ふっふっふー♪甘いあまーい!裏ドラはー…やっぱり乗ってたね!
これで三飜、はい点棒ちょーだい♪」

京太郎「…マジかよ、乗ってるって確信あったのか…?」

淡「当然!なにしろこのスーパー淡ちゃんは高校百年生なんだからね!」

京太郎「くぅ~…ソーズ抜きの三飜縛りでも手も足も出ないなんて…」

淡「あははっ♪やーいやーい京太郎のへたくそー♪
さあさあ、負けたんだからさっさとジュース買ってこーい!ダッシュでー」


京太郎「お、覚えてろよー!」ダッ


誠子「なんて見事なパシリぶりなんだ…」

菫「彼もことあるごとに使いに出されるからな、主にアレやアレにだが」


照「…ドーナッツ足りない」モシャモシャ←アレ

淡「あー、いちごオレって言うの忘れてたなー…まいっか、それ以外買って来たらまた行かせよっと♪」←アレ

部員A「けどさ、本当に弱いよね須賀って」

部員B「ここの麻雀部に入ってきたくせに、ちっともついていけてないじゃん」


淡「……」ピクッ


部員A「それなのに虎姫のメンバーとよく打てるからさ、男子のほうでは陰で色々言われてるんだって」

部員B「そりゃ言われるって、特権があるとしか思えないもん」

部員C「てかさ、てかさー、普段のあのパシリとか見るとさ、奴隷になるの条件に打ってもらってるとかじゃないの?」


淡「………」


部員A「あぁ…ありえるわー、それある意味ストイック?」

部員B「ストイックって言わないよー!プライドないだけじゃん」

部員C「それで下手くそって救いようないよね…せめてもう少し食い下がれないのって話」


淡「……………ねえ、アンタら今ヒマ?」


部員ABC「え?」


照「……」モシャモシャ

…………


京太郎「わ、わりぃ淡!自販機のいちごオレ売り切れてたから、購買のほうでペットのやつを……」




淡「なに泣いてんのっ!!もう一局やるよ!ほらっ!!」




京太郎「え…?」



部員A「……も、もうやめてよぉ」グス…

部員B「なにがっ…気に入らなかったのさぁ……」ヒッグ…グス…

部員C「う…うぅ~……」



淡「さっさと山つくれって言ってんの!!グズグズすんな!!」


菫「ほら、もうそこまでにしておけ」

淡「ッ!!スミレ!でもこいつら!!」

菫「部長命令だ、頭冷やしてこい」

淡「…!!ふんっ」


京太郎「……淡?」

淡「…京太郎……あ、いちごオレ…ありがと、ちょっと出てくるね」


京太郎「一体何が…」

誠子「君のいないときにたまにあることだよ、今日のはちょっと異常だったけど」

京太郎「俺のいないとき……?」

菫「須賀のせいじゃない…渋谷、泣いてる部員たちを頼めるか?」

尭深「はい…」


京太郎「な、なあ…」

部員A「うっ…ぐすっ……あんたのせいだよ…」

京太郎「…?」

部員B「…アンタばっか贔屓されて……下手なくせに…!」

部員C「みんなそう思ってんだよ……アンタの何が特別なのさっ…!」

京太郎「……そうか、ごめんな」


照「須賀君が謝る事じゃない、淡がちょっと暴走しただけ」

京太郎「宮永先輩…」

照「あなた達もいつまでも泣くつもりならあっちで泣いて」

部員A「ほらっ…また特別扱い…」

部員B「何で須賀ばっか…!」

照「……じゃあ、私の『指導』受ける?」

部員ABC「ひっ…!?」

尭深「……先輩、もうそこまでに」

照「……」

京太郎「宮永先輩…あの」

照「淡をお願い…京ちゃん」

京太郎「……はい、照さん」

…………

京太郎「……風強いな」

淡「…そだね」

京太郎「隣すわるぞ」

淡「どーぞ…」

京太郎「おう……なあ、淡」

淡「なに…?」

京太郎「俺のために怒ってくれたんだって…?」

淡「……悪いのアイツラだもん、京太郎のこと何にも知らないくせに」

京太郎「………そうか」ナデナデ

淡「ん……ね、京太郎」

京太郎「なんだ?」ナデナデ

淡「私、いっつも下手っていってるけど…本当にそう思ってるわけじゃないからね」

京太郎「………そうか」ナデナデ

淡「だから、誰より頑張ってる京太郎の良い所も知らないで悪口言う奴らは…絶対許さない」

京太郎「………そうか」ナデナデ

淡「そうだよ……」コテン…

京太郎「……」ナデナデ

淡「……」



京太郎「(強く、ならなきゃなぁ……)」

カンッ