京太郎「灼さん、誕生日プレゼントです!受け取ってくれますか?」

―――――

昨日、須賀くんからプレゼントを貰った。

嬉しかったけど、突然の事だったからビックリした。

だって、誕生日は今日なんだから。

それを知った時、須賀くんはショックで膝から崩れていた。

その後土下座して謝っていた。私はおかしくて、つい笑ってしまった。

ただ……そのプレゼントが、非情に困った代物だった。

灼「……ネクタイ」

朝、私は迷っていた。

いつも私が着けているネクタイは、ハルちゃんに貰ったものだ。

突然ネクタイを変えたら、ハルちゃんが驚くかな。

でも須賀くんも、このネクタイを着けて来るのを楽しみにしてるはず……。

……ハルちゃんをとるか、須賀くんをとるか。

灼「………………よし」キュッ

―――――

2年生教室

灼「……」ガラッ

玄「あ、灼ちゃん!おはよ…………っ!?」ビクッ

灼「おはよ、玄」キリッ

玄(あ、灼ちゃんが……酔っ払いのおじさんみたいに、頭にネクタイを!?)

灼「……どうかした?」

玄「え゙っ!?え、えーっと……」

灼「……」キリッ

玄(……言った方がいいのかな)

灼「今日は部活、ハルちゃんと須賀くんが遅れるって」

玄「う、うん」ビクッ

灼「……今日は4月14日」

玄「あ……た、誕生日、おめでとう……?」

灼「……ありがと」

玄「……」

灼「……」

―――――

麻雀部、部室

穏乃「部活ー!」ウオオオ

宥「穏乃ちゃんあったか~い」ポワポワ

憧「しーずー、うるさいー」

玄「……」

宥「玄ちゃん?どうかしたの?」

玄「あ、ううん、なんでないよお姉ちゃん!」

灼「おはよ……」ガラッ

穏憧宥「「「!?」」」

玄(外してない……!)

穏乃「灼さん?どうしてそんなかっモガモガ!?」

憧(し、しず!)バッ

宥「……??」ポカーン

灼「……ハルちゃんが、先に打っといてって」キリッ

「「「「あ、ハイ」」」」

―――――

京太郎「それで、一日間違えて覚えてまして……」スタスタ

晴絵「あはは、まぁ許してくれたならいいじゃない!」スタスタ

京太郎「ボウリングのグローブと迷ったんですけどね……あ、着きましたね」ガラッ

晴絵「みんなー、お疲れー……ん?」

京太郎「!?」

灼「あ、ハルちゃん、須賀くん」クルッ

晴絵「……」

穏憧玄宥「「「「……」」」」

灼「……どうかな?須賀くん」ドヤッ

京太郎「!?……えーっと…………」

灼「……須賀くん」

京太郎「は、はい?」

灼「どうやって締めればいいんだろう、このSSも、二つのネクタイも」

京太郎「知るか!!」

カンッ