京太郎「灼さんの可愛さを引き出してみたい…

そう思った俺は気づいたら阿知賀女子の前にきていた、男は行動だな」


警備員「おい!そこの勝手に入ろうとするな!頭ねじきってオモチャにしてやるぞ!」


京太郎「あ、アレはなんだ」

警備員「え、どこどこ?」

京太郎「じゃあ」

警備員「おい、どこだよ?なに見たんだよ………あれ?いないな、帰ったのかな?」



京太郎「ステップ1、灼さんの教室の窓の外から手を振ってみよう

確か、ここだったな…よーし」



クラスメイトA「ねえっ、外にすっごいイケメンがいるよ!」

灼「興味な……」

クラスメイトB「えー!あんな背が高い金髪君をみないのー?誰かの彼氏かな」

灼「金髪…?」トコトコ



京太郎「…」ニコッフリフリ



灼「なっ…!きょっ、きょうたっ…!!」

クラスメイトC「うわっ!灼の彼氏さんでしたかー!こいつは失礼しましたー!」

クラスメイトD「どこでひっかけたのさ、コノコノー!」

灼「//////////」シュープスプス



京太郎「顔真っ赤にして俯く灼さんゲットだぜ」


ちなみに別の教室では…



憧「んもー来るなら連絡しなさいよねー////」フリフリ


穏乃「京太郎ー!おーい京太郎ー!どこみてんだー!私はここだぞー!」フリフリ


玄「ほらほらみんな見てー!あの人ね、将来の松実館の主人なんすよ!」ユビサシ


宥「京太郎くーん……/////」フリフリ


…………


京太郎「ステップ2、そのまま体で文字を表現する」


クラスメイトA「あっ!何かやってるよ?」

灼「…知らな//////」

クラスメイトB「ちょっとー彼女さんが引っ込んでちゃダメじゃないのー!」


京太郎「…」サッサッサッサッ


クラスメイトC「『L・O・V・E』?こっ、これは熱いぃーー!!」


灼「なっ!?ばっ、馬鹿っ!!


………ばかっ///////////」プシューーー……


クラスメイトD「机につっぷしてないで、こっちきなさいって!あの人かわいそーじゃん!」


京太郎「伝わったかな、俺の渾身の『LIKE』メッセージ……」


京太郎には麻雀のほかに苦手なものがあったらしい…


ちなみに別の教室では…

憧「バカぁ~…もう本当にバカなんだからぁ~/////」カァー


穏乃「??英語わかんねっ!」チンプン


玄「ひゃあっ!そ、そんな…いきなりそう言われても!/////」カァー


宥「あったか……あっつぅ~い…///////」カァー

…………

京太郎「ステップ3、腕を広げて待ち構える!」


クラスメイトA「あっ、また何かする気だよあの人!」

灼「もっ、もう…いいから////////」

クラスメイトB「わぁっ!あれ!あれハグの態勢じゃないのー!?」


京太郎「…」ニコニコ


クラスメイトC「うらやましいんですけどー!ほら、行け行け果報者!!」


灼「うぅ~……//////」トコトコ


クラスメイト一同「あーらーた!あーらーた!あーらーた!」ワイワイ


ちなみに別の教室では


憧「あーもう恥ずかしいったらないわねぇ~、で、でもずっとああなってるのも可哀想だし…
しょーがないっ!しょーがない、行ってやるかー!あーホント恥ずかしい恥ずかしい////////」


穏乃「ん?なにしてんだろ?え、なに、抱きしめようとしてるって?私を?
……………~~~~~~~~~~~~~~!!!
行ってくる!!////////」


玄「かーっ!つらいなー!愛されてる女ってのはつらいですねー!かーっ!
旦那の無茶ぶりにも応じないといけないなんてー!行ってきまーす!///////////」


宥「うー、お、お外は寒いよ~………走ればあったまるかな//////////」

…………

京太郎「まっだかな♪まっだかな~♪鷺森のあらちゃんまっだかな~♪」


灼「京太郎……!」タタタッ


京太郎「きたっ!さあ灼さん、オチを!!」

灼『この…………ばかぁー!!/////(涙目)』ベチーン

京太郎「くふふ…想像するだけでちょーかわいいよー……さあ灼さん!」



灼「この…………ばかぁ~///////」ギュッ



京太郎「……………………………あれ?」



灼「本当は…が、学校でこういうことやっちゃ…いけないんだからね……///////」ギュウッ…



京太郎「やべ…おもわぬ収穫が……アラチャーマジカワユス…」



作戦は大成功したようである…


ちなみにその後



キョータロー

キョータロー


京太郎「……ん?」


ドドドドドドドドド…


京太郎「な、なんだ!?」
灼「あ…」



憧「京太郎ーー!!//////」
穏乃「京太郎ーー!!//////」
玄「京太郎くーーん!!//////」
宥「京太郎くぅん…寒いよ~あっためて~///////」


京太郎「うわわっ!?なんかきた!!灼さんにしがみつかれてるからよけられねぇー!!」


ガシッガシッガシッガシッガシッ

京太郎「ぐぉごご…お、重い……」
灼「暑…苦し……」

憧「ちょっとなんでみんないるのよー!」ギュウゥ
穏乃「京太郎ーもしかしてこれがやりたかったのかー!」ギュウゥ
玄「背中はいただいたのです!」ギュウゥ
宥「あったかぁ~~い…」ギュウゥ


京太郎「ぐっ……あ、あとひとりきてたら危なかっ……!」


晴絵「京太郎ーーーー!!///////」タタタタタッ



京太郎「ファッ!?」



教訓:作戦は計画的に

カンッ