腕枕-千里山編-



――千里山麻雀部部室

怜「膝枕飽きた」

竜華「ええ!?」

怜「うーん、体勢変えても・・・あかんなぁ」

竜華「そんなー、殺生や怜ー!怜の膝枕担当は私のもんなのにぃ!」

怜「別にお役御免てわけやないよ。なんか、マンネリ化してるんや・・・」

浩子(膝枕にマンネリもくそも・・・)

泉「さすが先輩、膝枕に妥協はないですね!」

セーラ「竜華の膝が変わらな無理やん」

竜華「えー、筋肉付けるんは嫌や・・・」

怜「竜華、ちょっと寝てみて?」

竜華「ん、こう?」ゴロン

怜「腕、出し」

泉「なるほど、腕枕ですか」

竜華「新鮮でええな!どや、怜?」

怜「あかん」

竜華「えええ!?」

セーラ「何がアカンねん」

怜「柔らかすぎる。こんなぷにぷにじゃ枕には向かんねん」

泉「き、厳しい・・・」

竜華「うえ~ん、明日から筋トレする・・・」

浩子「落ち着いて先輩」



怜「他3人の腕も貸してもろたけど…ピンとこん。セーラは惜しかったけど」

セーラ「フクザツや…」

竜華「怜~、うちの膝空いてんで~」グスッ

怜「どこかにいい枕はないもんやろか・・・」

セーラ「あー、これもう納得するまで探すつもりや」

泉「寝具店でも行きますか?」

浩子「いや、それには及ばんよ」

怜「フナQ、なんか案でも?」

浩子「近くの○○旅館で姫松と長野の清澄が合同合宿してるんですわ」

セーラ「ほー、清澄来てるんか。それが?」

浩子「そこに乗り込みましょか」

怜「?」


――合宿所


久「え、今なんて・・・?」

和「枕が合わないから須賀君を貸せ・・・?」

怜「そや」

久「えーっと・・・か、関西弁って難しいわね!よ、よく理解できなかったわ・・・」

竜華「あれ、伝わらんかったかな?」

まこ「言葉は伝わったが意味が伝わらん」

怜「うちの後輩によれば須賀君の腕枕は妙に好評らしいやん。それで試してみたくなってん」

京太郎(広めたのは誰だぁぁ!!!どうやったら長野から大阪まで伝わんだよ!)

咲(私が腕枕してもらったのがついこの間なのに…)

セーラ「まあ、色々言いたいことはあるやろうけど…一緒に全国出た仲やし、話もしたやん!無関係ではないやろ?」

泉「先輩を納得させるために、協力してください!お願いします!」

竜華「また怜を膝枕するためにもぉ~!後生や!」

久「うーん、そっちも大変みたいね・・・しょうがない。須賀君、協力してあげて?」

京太郎「分かりました。断る理由も特にないですし…(ただ、後ろから刺さるような視線が・・・)」

咲・優希「むむむ・・・」



京太郎「それで、腕枕すればいいんですよね?」

怜「・・・あの、別に断ったって良かったんやで?今思うと身勝手なお願いやし、須賀君がヤダって言えば済む話やったし・・・」

セーラ「怜、冷静になったんか」

怜「まぁ、私のわがままでこんなことになったわけやし。ちょっと思い直してる(発案はフナQやけど…)」

京太郎「いえ、ここまで来たらやりますよ。乗り掛かった舟と言いますか・・・(ぶっちゃけ合法的に女の子を腕枕できるのに断る理由がないです)」

怜「そっか、おおきに」


京太郎「それじゃ、どうぞ」

怜「ん、じゃ腕借りるで」

「・・・」

怜「ベストや・・・」

セーラ「マジか」

怜「女子にはないこの筋肉の固さ、枕にぴったりや」

竜華「むむ、ちょっとジェラシーやわ」

京太郎(俺の腕枕って一体…)

泉「そこがベストポジションですか?」

怜「多分」

セーラ「腕の付け根も試してみい。そこよりいいかもしれんで?」ニヤニヤ

怜「つ、付け根て。(もうほとんど添い寝やん・・・でも、少しだけやし・・・)」

怜「須賀君、ごめん。ちょっと近寄るで」

京太郎「は、はい」

泉「わ、そ、添い寝や!」

怜「やめて泉!はっきり言われると恥ずかしなる!」

京太郎「言われなくても恥ずかしいです・・・(何度やったって慣れるもんかよ!!)」

浩子「んじゃ、オプション追加しますねー」

怜「へ?」

バフッ

京太郎「ふ、布団!?」

怜「な、何すんねんフナQ!てか重っ!」

浩子「折角来たんやからもう少し堪能してもらお思いまして」

泉「きゃー!もう完全に添い寝やん///!」

怜「泉うっさい///!!」

竜華「そっか、私の膝枕には布団が足りなかったんや!」

セーラ「ちゃうわ!」

怜(よりによって一番接近したときに!す、須賀君が、男子がこんな近くに・・・アカン、顔熱なってきた・・・)

京太郎(こ、ここは俺が布団を持ち上げるべきなんだろうけど!このおいしいシチュエーションをみすみす逃すのか!否!)

怜「す、須賀君、布団持ち上がらん?なんか、ドキドキして熱っぽいねん・・・須賀くぅん・・・///」ウルウル

ガバッッッ

京太郎「もう大丈夫ですよ!園城寺さん!」キリッ

怜「お、おおきに・・・」

竜華「意外と軽々やったね?」

浩子「朴念仁に見えて、やっぱり男なんやねー」

セーラ「なんのことや?」

泉「お、終わりました?」



久「終わったー?そろそろ練習を再・・・」

京太郎「あ、部長・・・」

怜「終わったで・・・」ハァハァ←顔赤い・息が荒い・少し着衣が乱れてる


久「・・・・・・そぉ、終わったのー。それで須賀君?少し話があるから来てくれる?」ニッコリ

京太郎「・・・・・・はい」

怜「?」ハァハァ


カン