京太郎3年


恭子「くぅzzz…」

京太郎「くか~zzz…」


洋榎「ぐぬぬ」

由子「二人とも熟睡中なのよー」

洋榎「んなことはわかっとるわ!」

由子「二人で牌棋を検討中に寝ちゃうとは…うらやま、けしからんのよ~」

洋榎「それよりも、なんで…」

洋榎「なんで肩を支え合って寝てんのや!?」

由子「まるで恋人のようなのよ~」

洋榎「むぅ~…恭子の奴め~」

恭子「にへ~zzz」

由子「本当に幸せな顔してるのよ~」

京太郎「んっzzz…」ニヘラ


洋榎「京太郎もな…なんかむかついて来たわ」

由子「起こす?」

洋榎「…今日は許しとくわ…」

由子「主将にしては珍しいのよ~」

洋榎「…あとで京太郎をシメる」

由子「…手伝うのよ~」


恭子「へへ…きょうたろ~zzz」

京太郎「zzz」

カンッ