合宿設定


腕枕-姫松編-



恭子「清澄、清澄・・・あれ、どこの部屋やったっけ…」

恭子(あのタコスっ娘の忘れ物やろこれ・・・届けようにも部屋忘れてもうた・・・)



恭子「ん~、ここやっ」

ガラッ

恭子「ハズレか・・・ん?」

京太郎「zzzz」

恭子「す、須賀君が寝とる――!?」ドキーン

京太郎「う…む・・・」

恭子(つ、つい大声出てもた。・・・起きない、よかった)

京太郎「zzz」←昼寝中

恭子(ここ、彼の部屋か?まあ、女子と一緒の部屋はまずいもんな・・・しかし)

京太郎「zzz」

恭子(はぁ~、寝顔も男前やなぁ///。こんなとこで一目惚れの相手に近づけるなんて、私の運も捨てたもんやないな!)

恭子(前回今回と話してみて、やっぱりいい男やわ。清澄ずるいわ)

ジー・・・

ツンツン

サワサワ

恭子「おーい」

京太郎「zzz」

恭子「熟睡やな・・・こ、これはチャンスか?」

由子「何しとんの?」

恭子「わあああ!?」

京太郎「ん……zzz・・・」

恭子「ほっ、セーフ・・・」

※こっから小声

恭子「って、ゆーこ!ビックリするやないか!」

由子「こっちもビックリしたのよー。時にそこにいるのは恭子が逢いたくて逢いたくてしょうがなかった須賀君やないのー」

恭子「ちょっ///!その言い方やめてくれへん!?」

由子「こっそり撮った写真毎日眺めて清澄との合同合宿を監督代行に頼み込んでた末原さんが逢いたがってた須賀君やないのー」

恭子「なんやその説明口調!毎日は眺めてないわ!!」

由子「朝の練習で須賀君に気取られてメゲまくってた恭子が一目惚れした須賀君やないのー」

恭子「・・・怒るよ」

由子「冗談冗談。で、何してたん?」

恭子「まあ、かくかくしかじかで・・・」




由子「うーん、確かにまたと無いチャンスやけど…何する気なん?」

恭子「相手は熟睡中、無防備状態・・・となれば、やることは一つ!」

由子「まさか!」

恭子「腕枕や!」バンッ

由子「なんでやねーん」

恭子「あー、極楽や。もうちと寄ってまうか」

由子「そこはキスやないの・・・?」

恭子「ばっ!そんな恥ずかしいこと出来るわけないやろ///!」

由子「腕枕て選択肢もどうなんや・・・たまに恭子がわからないのよー」

恭子「風の噂で須賀君は腕枕の名手と聞いたしな。至極合理的な選択や」フフンッ

由子(全然関係ないのよー。というより、腕枕なんかされてたら起きちゃうんじゃ・・・あ)

恭子「我ながら勇気ある選択や。まあ、それも寝てるから出来ることで・・・」

※ここまで小声

京太郎「あの・・・末原さん?」

恭子「」

由子「さらばなのよー」ガラッピシャッ



京太郎「な、なんで俺は末原さんを腕枕してるんでしょう・・・末原さん?」

恭子「」

京太郎「と、とにかく末原さん、起きましょう!この状況を誰かに見られたら!」

恭子「は、はう、ああ・・・ち、違うんや、こないなこと、私がど、どうかしててぇ~!」プシュー

京太郎「お、落ち着いて!経緯は聞きませんから、とりあえずこの状態を解きましょう!」

恭子「・・・はっ!そ、そうやな!特に主将なんかに見られでもしたら・・・」


洋榎「な、なにしてんねん!」


恭子(あ、終わった・・・)

京太郎(あぁ…また皆の誤解を解いて回る作業が始まるぜ・・・)


洋榎「あかん!皆ー!恭子が顔真っ赤で泣きながら須賀に腕枕されとったーー!」


京太郎&恭子「メゲるわ・・・」



カン