咲「…」ウーン

咲(うーん…ある程度大きな家じゃないと執事雇うのって変だよね…)

咲(子供は2人として、寝室は3部屋欲しいかなぁー…って、子供って!///)バンバン

京太郎「いてっ」

咲「あっ…ごめん!」

京太郎「???」

咲(あんまり大きい家だと京ちゃんも困っちゃうよね…でも、小さすぎてもダメ)

咲(住み込みが一人で管理できる程度の絶妙な大きさが…って、住み込みって!///)バンバン

京太郎「いって!…さっきからなんだよ!?」

咲「あっ手がすべっちゃった…ごめんね」

京太郎「お、おう…???」

咲(…あっ…でもお風呂場は広めにしないと…)

咲(洗い場は寝そべれるぐらいじゃないとだめだよね)

咲(京ちゃん背高いし、押し倒されるときに…って何考えてるんだろ!何考えてるんだろ!///)

咲「京ちゃんのエッチ!」バンバン

一同「!!」

京太郎「えぇっ!?」

和「宮永さんに何したんですか!?」

優希「きりきり白状するじぇ!変態犬!」

京太郎「な、何もしてねえよっ!」

咲「あっごめん。間違えちゃった…」

一同「…」

京太郎「なぁ咲、疲れてるんじゃないか?休憩したらどうだ?」

咲「ううん、私もっと頑張る!」キリッ

 ― この時、咲は気付いていなかった ―

咲「だから京ちゃんも(執事になるために)頑張って!」

京太郎「おっ、おう!(麻雀を)頑張るぜ!」

 ― 京太郎は執事を目指すなどとは一言も言っていないということに… ―


はやとちりってやばい! おわり!

名前:
コメント: