京太郎「痴漢対策?」

泉「そ、そう…私こんな格好やし、電車に乗った時とか変なのが来るかもしれんし、ちょっと協力してくれんかなぁーって…」

京太郎「ああ、まあいいけど…で、どうするんだ?」

泉「うん…ここをな、電車やと思って私の後ろに立って、その………触って?」

京太郎「…いいのか?」

泉「こ、こんなこと…須賀君にしか頼めへんよ……だから、お願い…」

京太郎「わかった、やるよ」

泉「!あ、ありがとう!それじゃ…」

京太郎「もう始めるのか…」

泉「が、がたんごとん…がたんごとん……」

京太郎「……」ナデナデ…

泉「ふぁ……」

京太郎「……泉、抵抗」ナデナデ…

泉「へ…?あぁ、ごめん……でも、なんで頭なん…?」

京太郎「んー…可愛かったから?」

泉「////……なら、ええよ」

京太郎「やり直すか」

泉「うん……


がたんごとん…がたんごとん……」

京太郎「……」ナデ…

泉「あんっ…」

京太郎「泉…だめだろ?抵抗しなきゃ…」フゥ…

泉「ひゃんっ!?ご、ごめんな…うん………やめてください…」グイッ

京太郎「こんな格好で誘っているのが悪いんだろ…」ナデナデ…

泉「ふぁっ…み、耳元で囁くのズルいって……あっ…」


雅枝「アンタら…部室をいかがわしい店にせんといてくれる……?」


泉「ふぁっ!か、監督!?」

京太郎「あ、お疲れ様です監督ー」パッ

泉「あ…」

雅枝「なに残念そうにしとんの、この子は……で、何してたん?」

京太郎「かくしかじかで俺が痴漢役を…」

泉「わ、私がお願いしたんです!」

雅枝「あら、そう……そんならまともに制服着たらええんに…」

京太郎「まあまあ、そんなわけですんで不純な事は何もしてませんよ…なあ泉?」ナデ…

泉「あんっ…んん……きゅ、急すぎるって須賀君…!」

雅枝「……なんか頭痛くなってきた、薬飲んでくる」

京太郎「あ、はい……監督もお疲れみたいだな、泉」ナデナデ

泉「はぁっ……あ、あの…もっと他のところとかも……」

京太郎「それだと洒落にならないんじゃないか…これは練習なんだから頭でもいいだろ?な?」フゥーナデナデ

泉「ふぁぁぁ……」

京太郎「ほら…手をどけてごらん、泉…?」フゥー

泉「はわぁ……もっと…もっとぉ………」トローン

京太郎「泉…?」ナデナデ


泉「……さ、最高やぁ……えへへ」


カンッ