優希「こんにちわだじぇー!おろ?京太郎一人か」

京太郎「よお。ん?優希が眼鏡なんて珍しいな、視力落ちたのか?」

優希「ふふん、これは視力矯正用の眼鏡じゃないじぇ。なんと、優希ちゃんの魅力を倍増する魔法の眼鏡なんだじぇ!」

京太郎「は?…あぁ、要するにファッションってことか。確かに似合ってるな。」

優希「えへへ、そうだろそうだろ//しっかし、かけてると意外と疲れるもんだな」

京太郎「慣れると気にならないらしいけどな。どれ、俺もかけてみるか」

優希「京太郎、0には何をかけても0にしかならないんだじぇ?」

京太郎「うっせぇよ!…どうだ?」

優希「…」

京太郎「どした?ははぁん、さてはあまりにカッコ良くなりすぎて言葉が出ないんだな?」

優希「京太郎、視力は大切にした方がいいじぇ」

京太郎「どういう意味だよ!?…え、マジで?俺的には結構ありかなって思うんだけど」

優希「うん、まぁ…京太郎がそれで良いと思う。かけるのは本人の勝手だしな」

京太郎「…俺絶対視力悪くしないようにするわ」

優希「うん、それがいいじぇ」

後日、京太郎がグラサンでリベンジして再度撃沈したのはまた別のお話


かんっ!