優希「やっほー京ちゃん♪」

京太郎「うわぁ、うっわぁ」

優希「流石にその反応は傷つくじぇ…」

京太郎「あー、すまん悪かった。ちょっと想像以上に気持ち悪かったんで」

優希「絶対悪かったと思ってないだろ!」

京太郎「それにしてもどうしたんだ?いきなり『京ちゃん』って呼びたいだなんて」

優希「うぅ、それは…」

京太郎「それは?」

優希「京太郎と咲ちゃん仲良いし、いつか咲ちゃんに京太郎を取られるかもって不安になって…咲ちゃんの真似をすれば、京太郎ともっと仲良くなれるかなって思ったんだじぇ」

京太郎(なにこの可愛い生き物」

優希「じぇ!?可愛い!!?」

京太郎「あ、口に出しちまってた。まぁそれはともかくだ、そりゃ幼馴染なんだから仲が良いのは当然だろ」

優希「うぅ」

京太郎「そんな仲が良い咲よりも優希を選んだんだぜ?お前との方がもっと仲良いに決まってるじゃねーか」

優希「…京太郎!」

京太郎「そんなわけだからさ、お前に呼んでもらえるならどんな呼び名だって嬉しいさ」

優希「うん、ありがとうだじぇ京太郎//なんかスッキリしたじぇ!」

京太郎「ははっ、やっぱ優希は元気良いのが一番可愛いな」

優希「これからもっともっと可愛い私を見せてあげるから、覚悟しとくんだじぇ。ダーリン♪」

京太郎「ダーリンて…まぁなんでも良いって言ったのは俺だしな」

優希「ちなみに部活時間以外でもこれで呼ぶからな」

京太郎「な!?流石にクラスではやめろよ!」

優希「あらあらダーリンたら、恥ずかしがっちゃって。可愛いじぇ」

京太郎「お前なぁ!」



久「若いって良いわねぇ」

まこ「あんたもまだ若いじゃろ」

かんっ!