??『――理沙さーん。晩御飯出来ましたよー』

理沙『うん、いつもありがとうね。京太郎君』

京太郎『気にしないでください。俺がやりたくてやっているんですから!』

理沙『京太郎君の料理とてもおいしいから、その意味も込めてお礼を言いたいんだよ!』

京太郎『だったら俺も、いつもおいしく食べてくれる理沙さんにお礼を言わないといけませんね』

理沙『えへへ、どういたしまして。……でも今日はごめんね、仕事の打ち合わせでいつもより遅くに来てもらって』

京太郎『気にしていませんよ。理沙さんの事は理解しているつもりですから』

理沙『お詫びじゃないけど、今日はいっぱい甘えてくれていいからね』

京太郎『……理沙さん』

理沙『……京太郎君』






――ブチッ!


みさき「……という会話が昨日、野依プロのお宅に忘れたボイスレコーダーに記録されていたわけなのですが」

理沙「」ダラダラダラ

恒子「すごいネタじゃないですか村吉アナ!これ次の一面飾れますよ!」

はやり「んー、はやりとしてはー、それよりもー、この京太郎君って子がー
野依さんとどういう関係なのか訊きたいな★」

健夜「そうだね。いい加減な憶測で書かれたら野依さんも迷惑だもんね★」

良子(oh...普段は名前で呼ぶくらいに親しいお二方が、まるで別人のようです。具体的には般若が見えます)ヒソヒソ

恒子(というかすこやんに至ってはキャラがブレてますよねー)ヒソヒソ

理沙「か、帰る!」ガタ

ガシッ!

はやり・健夜『逃がすわけ――ないよね?』

理沙「」ガタガタガタ

みさき「とりあえず、野依プロ。この京太郎君という方はあなたの恋人でしょうか?」

理沙「ち、違う!し、親戚!」


はやり「ねー、すこやん。野依さんに親戚がいるって聞いたことあるー?★」

健夜
「えー?ないなー★」

理沙「」ガクガクガク

良子「お二人とも、あまり威嚇するのはよした方がいいですよ?」

理沙「良子ちゃん!」パァ!

良子「脅して得た発言には証拠としての価値がありませんから」

理沙「良子ちゃん!?」

良子「ソーリー、野依さん。私も個人的にとても気になっているんで」

理沙「――ッ!福与アナ!」

恒子「はい?」(すごくいい笑顔)

理沙「無理!」

みさき「さて、野依プロに味方がいないことが確認できたうえで改めてお訊きしますが
野依プロ、京太郎君はただの親戚だと?」

理沙「そう!」

みさき「では先の会話の続きを聴いてみましょう」

理沙「!?」






理沙『ごちそうさま!今日の料理も、とてもおいしかったよ!」

京太郎『はい、おそまつさまでした。全部食べてもらえるなんて料理人冥利に尽きますね』

理沙『……ねぇ、京太郎君。今日は泊まっていかない?』

京太郎『あー、確かにいつもなら家についている時間ですもんね』

理沙『私のせいで、遅くなるんだし、この時間は男の子でもちょっと心配かな、って』

京太郎『……ちょっとだけ、ですか?』

理沙『ううん、本当はすごく心配なの。だから……一緒にいて、安心させて?』

京太郎『そうですね。どうせ今日は親も家にいませんし、何より恋人を心配させるわけにはいきませんね』

理沙『ふふ、だったらさ、一緒にお風呂入ろっか♪』

京太郎『り、理沙さん!?』

理沙『言ったでしょ?甘えさせてあげるって』

京太郎『で、でもそれは』

理沙『それとも、私じゃ、いや?』

京太郎『そんなわけないじゃないですか!……じ、しゃあ、そのお願いします』

理沙『うん!』






――ブチッ!


健夜「恋人じゃないー?」

はやり「ただの親戚ぃー?」

健夜・はやり『アハハ★』

理沙「」

健夜「『一緒にお風呂入ろっか♪』」

はやり「『言ったでしょ?甘えさせてあげるって』」

健夜・はやり『ヒャーハッハッハッハッハ★』

理沙「」

良子「見えますか福与アナ。あれがエクトプラズムです」

恒子「み、見える!私にも野依プロの魂が見える!
でもそれ以上に放送できない顔をしたアイドルとアラフォーが怖い!」

みさき「正直、この二人も飲みに誘ったのは失敗だったかもしれません」

良子「というか村吉アナ。証拠も何も最初から全部知ってたんじゃないですか、人が悪いですね」

恒子「もう立派な特ダネですねー、羨ましいなぁ」

みさき「いえ、この内容は――どうぞ、野依プロ」

理沙「」

理沙「――っは!?なに!」

みさき「いえ、ですから、このボイスレコーダー、野依プロにお渡しします
もちろんデータを他にコピーしたりなんてしていないので安心してください」

理沙「……どうして?」

みさき「そもそも、この会話を暴露したのは、ちょっと悔しかったからなんですよね」

良子・恒子『悔しい?』

みさき「だって、誰も突っ込みませんでしたけど、野依プロ、この男の人ととは普通に話しているじゃないですか」

理沙「――あ」

みさき「野依プロとこの人がいつから付き合っていたのかは知りませんけど
私とのコンビもそれなりに長い方じゃないですか。だからちょっとだけ嫉妬してしまいました」

恒子「本当にちょっとだけですか?」

みさき「……かなり嫉妬しました」

理沙「ごめんなさい……」

みさき「いえ、私の方も少しからかうだけのつもりだったんですけど、怖がらせてしまってごめんなさい」

健夜・はやり『アーハハハッハッハッハー!★』

良子「主にあのモンスター達のせいですけどね」

みさき「野依プロ、こんなことをしてから言うのは筋違いだと思いますけど
これからも私とコンビを続けてもらえますか?」

理沙「……理沙」

みさき「えっ?」

理沙「名前!呼んで!」

みさき「――っ!はい、理沙さん!」

理沙「よろしくね!みさきちゃん!」

良子・恒子『イイハナシダナー』





??「ビールの追加でーす。あと申し訳ないんですが
他のお客様の迷惑になるので声を落としてもらっていいですか?」

みさき「ああ、すみませ――」

理沙「京太郎君!?」

他一同『えっ!?』

京太郎「あれ、理沙さん!?えっと、こんばんわ。ぐ、偶然ですね」

理沙「なんで!?」

京太郎「なんでって、だって俺ここのバイトですよ?」

はやり「……キミが京太郎君?」

京太郎「は、はい、どの京太郎かわかりませんけど、須賀京太郎といいます(この人、スゲーおもちだ)」

健夜「……ずいぶん若く見えるけど、もしかして学生さん?」

京太郎「はい、高校生です」

はやり・健夜(高校生……10代……野依プロは20代……私たちは……)ボソボソ

理沙「京太郎君!逃げ――」

ガシッ

京太郎「え、えっ?」

はやり・健夜『ちょっとオハナシ、シヨウカ』

京太郎「え、うわっ、ちょっと待っ――」



マァマァスワッテスワッテ
ネーキミドコノガッコー?
スゴイキンニクコレガオトコノヒト!
ワカイコッテイロイロタマリヤスインダヨネ☆



みさき(実はあのボイスレコーダーの最後に二人の情事も入っていたのですが、まさか相手が高校生だったとは……)

理沙「京太郎君から離れて!」

みさき(……まぁ、黙っておきましょう)


――カン!