咲「京ちゃん、本当にありがとう。」

京太郎「咲、どうした?」

咲「だって、京ちゃんが私の事を『選んで』くれたんだもん。
京ちゃんさ、原村さんみたいにおっぱい大きな子が好きでしょ?私なんか…」

京太郎「違うよ咲、俺は『咲』だから結婚したんだ」

咲「でも、高校の頃はずっと『俺の和がぁ』っていってたじゃん」

京太郎「それは、咲ならずっと俺の側に居てくれる。何があっても見放さないでくれるって思ってたから」

咲「…」

京太郎「でも、和とばっかり話してて、咲を怒らせて、話しかけても無視されて…俺は自分がバカなヤツだと思ったし、世界中で誰よりも『大事なヤツ』を無くす所だった…」

咲「京ちゃん…」

京太郎「だから、もう咲を俺は離さない。」

名前:
コメント: