はやり「今日はお酒飲みに行こうよ☆」

咏「おぉ?良いんじゃね知らんけど」

良子「オッケーですよ」

健夜「いきなりだよねはやりちゃんって」

はやり「参加の有無を言わずに……
全くこれだからアラフォーはっ☆」┐(´∀`)┌ヤレヤレ

健夜「アラサーだよ!?はやりちゃんも人のこと言えないよね!」

はやり「はやっ☆ところで理沙ちゃんは来るのかな?」

良子「露骨に話を逸らしましたね」

咏「仕方ないんじゃね?しらんけど。」

理沙「予定!」プンスコ

はやり「そっか?今日は予定があるなら仕方ないねっ☆」

理沙「また!」プンスコ

健夜「それじゃぁ野依ちゃんはまた次回誘うね」

ドア<バタン

良子「予定って何なんでしょうね?」

咏「いや、知らんし」

健夜「大体そのキャラ辞めるべきだと思うな。もうぶりっ子の時代は終わったんだよ」

はやり「これはキャラじゃないぞ☆
そういうすこやんだって…………なんか、そのごめんね。」

健夜「ちょっと、どうして謝るの!?居た堪れなくなるよ!」

はやり「うん今日はいっぱい飲もうね☆」

健夜「ねぇ、貶めるならちゃんと貶めてよ!」

理沙「待った!」プンスコ

京太郎「いや待ってないですよ。ちょうど来たところですし」

理沙「ごめんね!」プンスコ

京太郎「大丈夫ですって。」

理沙「ごめんね。けど本当に待ってないの?」

京太郎「はい待ってないですよ
それより今日は理沙さんが好きなうどんですよ」

理沙「本当に!?京太郎くんが作ってくれるうどんは一番大好きだよ」

京太郎「うどんに負ける俺ェ」

理沙「違うよ!?今のナシナシ
そ、その私は京太郎くんが一番す、好きだよ」

京太郎「あはは、俺も理沙さんが一番……す、好きですよ」

理沙「ん、あの、それじゃぁ。帰ろうか」

京太郎「そうですね、はい。そうしましょう。」

理沙「お弁当、今日も美味しかったよ。」

京太郎「そうですか!良かった~
理沙さんが作ってくれた弁当も美味しかったです」

理沙「そうかな?エヘヘ。そうだったら嬉しいな♪」ニコッ

京太郎「……反則だろ、その笑顔は」ボソッ

理沙「どうかした?」

京太郎「いえ、何でもないですよ。」

理沙「そう?何かあったらちゃんと言ってね?心配になるから」

京太郎「大丈夫ですって。なんでもないですから。」

――貴女の笑顔を見れる唯一だからこそ嬉しくて
楽しそうに話してくれる姿を見れるから心地いい――

京太郎「なんて言えねぇよなぁ」

カンッ

健はや「「野依ちゃん(理沙ちゃん)が普通に喋ってる!?」」

良子「ウェイ、ウェイ
突っ込むところがちがくないですか?」

咏「まぁ?そこじゃないだろうねぃ。知らんけど」

良子「ボーイフレンドでしょうか?」

咏「会話からするとそうだろうねぇ、分からんけど」

はやり「はやっ☆あのうまく喋れないのはキャラだったの」

健夜「どうしよう野依さんは綺麗だしクチベタなだけで解説は上手だし」

健はや「「このままだと出番減る」」

良子「だから其処じゃねー」

もいっこカンッ