京太郎「あんたさ」

憧「ちょっと」

京太郎「なんスか?」

憧「その、あんたっていうのやめてくれない?好きじゃないんで」

京太郎(自分は人のことそー呼ぶくせに)

京太郎「じゃあなんて呼べばいいわけ?新子……さん?」

憧「憧でいーよ」

京太郎「え、いいの?」

憧「なんで?友達じゃん?」

京太郎「…………ともだち?」

憧「なに!ヤなの!?しつれー」

京太郎「いや、結構……ってかかなり迷惑かけてると気がすんだけど、なのに?」

憧「あー……まぁ、ワザとやってんなら頭くるけど別にそういうわけでもなさそーだし」

憧「それに悪いヤツとは思えないしね。とりあえずは」

京太郎「なんでそう言えんの?疑われる要素はあっても信用される覚えないんだけど」

憧「んん、まぁ信用してるってのとは違うかな。実際まだほとんどあんたのこと知らないし」

憧「でも、あたしはあたしを信用してんの」

京太郎「どゆこと?」

憧「あんたが悪いやつじゃないってあたしの勘を、あたしは信用すんの」

京太郎「なんか、簡単だな」

憧「あはは、そーかも。で、あんたさぁ」

京太郎「京太郎」

憧「はい?」

京太郎「あんたでなく、……京太郎で」

憧「ふふ……うん。京太郎」


カン