久「今日生徒会議で部活には出られないからよろしくね」

マコ「ワシも家の手伝いでな、悪いが出られないんじゃ」


京太郎「だとさ、俺もタコスの差し入れしたしちょっと用事があってな、今日は早上がりするぜ?」

優希「こら犬!タコスはいいが付き合い悪いじぇ!とう!」

京太郎「おわ!っといきなり抱きつくなよあぶねーな」

優希「この優希ちゃんが抱きついてるのにそんなぞんざいな扱いするなんてひどいじょ」オヨヨ

京太郎「嘘泣きすな、それにもっと色々成長してからよろしく頼むわ」

優希「ぐぬぬ!その言葉は聞き捨てなら無いじぇ!」プンスコ

和「まぁまぁゆーきも須賀君も落ち着いてください、というか須賀君その発言セクハラですよ」

咲「京ちゃんのスケベ・・・」

京太郎「じょ、冗談だよ、そんな目で見ないでくれ、健全な男子は皆云々・・・」

咲「ハイハイ、で、用事とか言ってたけれど京ちゃん時間は大丈夫なの?」

京太郎「おっとそうだな、まぁ急ぎじゃないがそろそろ行くわ、また明日なー」

優希「しかたない、また明日タコス頼むじぇ!」

和「須賀君、お疲れ様です」

咲「またね、京ちゃん」



和「須賀君帰ちゃいましたね・・・」

優希「犬はばっちり帰ったじょ、目視で確認だじぇ」

咲・和・優希「・・・・・・」

咲「はわわ、京ちゃんカッコイイ京ちゃんカッコイイ京ちゃんカッコイイ」ウットリ

和「須賀君マジイケメンマジ優しいマジ目つきエロい」ハァハァハァ

優希「京太郎・・・タコス・・・京タコ・・・熱々の京タコ」ポッ

咲「流石私の彼氏様だよ~」

和「はい?」優希「えっ?」咲「え」

和「そんなオカルトありえません、私の彼氏と相場は決まっているのです」

優希「いやいや、どうみても私の彼氏だじょ」

咲・和・優希「・・・・・・・・」ゴゴゴゴゴゴ

和「では理由を私から述べますね、まず須賀君はおもちが好きです」

咲・優希「むっ!!」

和「そしてこの3人の中では私が唯一にして絶対のおもち持ち」

和「部活中にも感じる須賀君の熱い視線・・・これはもう確定的ですね」

和「須賀君と言えど年頃の男の子、女の子として満足させられる私とくっつくのはデジタル的にも明らかです」ドヤァ

咲・優希「・・・・・・・・」ギリギリギリ

咲「い、意義有りだよ!」

優希「お、咲ちゃんの反撃か?」

和「私の完璧なディズィタル理論に難癖をつける気ですか・・・」

咲「どこがデジタルなの!和ちゃんに対する視線のそれはただの勘違いだよ!」

咲「大体女の子の私達から見てもそんなおもち持ってたらつい見ちゃう時あるしね」

優希「うむ、そうだじぇ」

和「!?」

咲「動くものに目が行く、それは動物としての本能とも言える、本に書いてあった・・・気がする」

優希「適当な理論だじぇ・・・」

咲「と、とにかく!ただの性欲として見られてるだけの和ちゃんが妻っていうのは無いと結論を出します」

和「んなっ!!ただのせいy」

咲「和ちゃん静かに・・・その点私は中学からのいわゆる幼馴染、朝も起こしてもらい通学も一緒」

咲「麻雀部に誘われたのも京ちゃんのお陰、レディースランチ食べたいからってお昼もよく一緒だし///」テレレ

和・優希「・・・・・・・・」ギリギリギリ

咲「普段の呼び方も「京ちゃん」と呼ぶ、これはもう十年来の連れ添った夫婦のようだね!」キリンッ

優希「おっと、それには意義有りだじぇ!」

和「ゆーき、発言を許可します」

優希「咲ちゃんの呼び方は一方的な呼び方であって京太郎からの呼ばれ方はみんな共通で名前呼び捨てだじぇ!」

優希「つまり、咲ちゃんの片思いということになるんだじぇ」

和「一理ありますね」

咲「両思いですー!!」

優希「大体、咲ちゃんものどちゃんも受け身なだけで行動は何もしてないじょ」

優希「その点私は普段から抱きついたりのスキンシップを欠かさないからな!」フンス

咲・和「!!」

優希「それに自分で言うのもあれだけど、タコスなんてそうそう作らないじょ」

和「まぁ、そうですね」

優希「にも拘らず!わざわざ私の為だけに!タコスの作り方を覚えて作ってくる」

優希「普段から頻繁に・・・・これはもう確定的だじぇ!!」

咲・和「・・・・・・・・」ギリギリギリ

咲「あ、でも優希ちゃん前にパンモロした時いらねーとか言われt」

優希「黙らっしゃいだじぇ!あれは恥ずかしがってたからだじょ!」

和「ゆーきはまだまだ、ですからね、つまり私が最強と言う事で」

咲「いや、幼馴染の絶対的アドバンテージが最強だよ!」

優希「最近のラブストーリー物は大体幼馴染は噛ませだじょ」

咲「ぐぬぬ」

和「ゆーきも普段から須賀君に犬とか言ってて好感度が高いかといわれればどうなのでしょうね」

優希「むっ、のどちゃんこそ咲ちゃんへ妙に気がある素振りで非常に仲がよく見える、というかくっついていいじぇ」

和「ちちち、違いますから!私はノーマルです!咲さんは女の子として可愛らしいとは思うだけでそれとこれとは話が違います!」

咲「なにそれ私無駄な風評被害受けてたの!?」

咲・和・優希「・・・・ムムム・・・・・」

ガチャ

久「あら、まだ3人残ってたの?今日は集まらないからもう帰ってもいいわよ」

咲「あ、部長、お疲れ様です」
和「お疲れ様です」
優希「お疲れ様だじぇ!」

久「麻雀やってた、って感じでもなさそうだし・・・ガールズトークかしら?」ニヤリ

咲「えっ、ハハまぁその・・・」

優希「っと、部長は急に部室に来てどうしたんだじぇ」

久「ん?あぁ、ちょっと会議に使う書類を取りにね」

和「では早く戻ったほうがいいのではないでしょうか」

久「なによー、冷たいわねぇ、ま、いいわ、書類は、っと」チャラッ

咲・和・優希「!!」

久「あったあった、それじゃあ今日はもう戻らないから戸締りはよろしくね」

咲・和・優希「お疲れ様でした(だじぇ)」

咲「ふう、急にくるから焦ったよー」

和「聞かれてましたかね・・・」

優希「大丈夫だと・・・だけど大変な事に気がついたじょ!」

咲「うん、のっぴきならない物が見えたね」

和「部長のつけていたアクセサリー、ですね」

優希「あれは最近京太郎が似たようなのをつけているのを見かけたじょ・・・」

咲「似合ってるから気にしてなかったけど・・・」

和「色違いとはいえお揃いのアクセサリーでしたね・・・」

咲「まさか・・・ね」

和「・・・たまたま被っただけですよ」

優希「・・・そ、そうそう、長野はなんだかんだ田舎だから店が被ったからだな!」


咲・和・優希「・・・・・・・・」ギリギリギリ


ー会議室ー
久(ちょっとアピールが露骨過ぎたかしら?)チャラッ

久(でも釘刺しておかないとどうなるかわからないしね)

久(ペアリングの方がやっぱりよかったかしら・・・・でもただのプレゼントだし何より恥ずかしいし///)

久(須賀君はいい子だし、来てから麻雀部も盛り上がってるし)

久(あれでいて純情だからおねーさんが色々可愛がってあげちゃおうかしら、ナンチャッテ///)キャッ

久(まぁ・・・待つのは得意だけれど、負けられない勝負ではおとなしくしてないわよっ)


副会長「・・・長、議会長聞いてますか!?」

久「あ、ごめんごめん」テヘペロッ

副会長「ハァ、ちゃんとしてくださいよ?では次のー」


ー喫茶店Roof-topー
まこ「今日はすまんな、どうしても人手が足りなくての」

???「いえ、大丈夫ですよいつでも使ってください」

まこ「ご褒美に後できっちりみっちり指導してやるけんの」ニタリ

???「お手柔らかにお願いします・・・」ガクガク



まこ「ふぅ、店内も落ち着いたしちょっと一局打つかいの」

???「先輩に今日こそは勝たせて貰いますよ」

まこ「それは楽しみじゃの、しかし他の人がおらん時は先輩呼びとか敬語はええって言わなかったかいの?」

???「いやぁ、やっぱりちょっと恥ずかしいですし///」

まこ「いいからちゃんと呼びんしゃい///」



京太郎「・・・・わかったよ、まこ」

カンッ!