京太郎3年で

桃子「京さん、京さん!」

京太郎「モモ、部活では先輩をつけろって…で,なんだ?」

桃子「この前部長を充電している所見たっすけどどういうことっすか!」

京太郎「充電?あぁたまにやって欲しいんだってさ」

桃子「…加治木先輩もっすか?」

京太郎「いや、あいつはそんな恥ずかしい事できるか!だってさ、まぁ当然だよな」

桃子「むぅ…私もしてほしいっす!」

京太郎「…いいけど、ゆみの方が良いんじゃないか?お前の場合」

桃子「京さ…じゃなくて京太郎先輩がいいっす!」

ガタッ

智美「ダメだぞ~モモ、そこは私の場所だからな~」

桃子「いつの間に!?」

智美「ふふなんか嫌な予感がしたからな~ちなみにユミちんは遅れるそうだ」

桃子「くっ…部長のレーダーを甘く見てたっす」

智美「充電は部長特権だ!してほしければ部長になることだな」

桃子「私が部長になっている時には京さ…京太郎先輩は卒業してるっすよ!」

智美「聞こえないな~」

桃子「ぐぬぬ」

京太郎「…っていうかさ」

智美「なんだ~京太郎?」

京太郎「モモには昔からしてるけどな」

智美「なんだと!?」

モモ「ふふっ幼馴染特権っす!」

智美「ぐぬぬ、そういえばモモは京太郎が連れてきたんだったな~」

モモ「つまり私もOKっすよね?」

京太郎「別に俺は良いけどな」

モモ「じゃあ御言葉に甘えて…あぁこれっす、部活では控えていたけど、たまらないっす///」ポフ

京太郎「なんかおっさんみたいだなモモ」

智美「こんなことじゃ泣かないぞ~」




睦月「(よし、夏が終わったら部長に立候補しよう!)」グッ

カンッ