咲「さ、京ちゃんここだよ」

京太郎「ありがとうございます、宮永さん」

咲「もう、そうじゃないでしょ?」

京太郎「あ、すいません……」

久「あら、遅かったじゃない須賀くん」

京太郎「……あ、僕ですよね!すいません、実はその……」

咲「あ、それは私から」

優希「それより早くタコス買ってこいだじぇ、犬!」

京太郎「え、犬!?」

和「こら優希!それにしても須賀くん、何か様子が……」

咲「実は京ちゃん、記憶がなくなっちゃって」

久「記憶喪失!?」

和「そ、そんなバカな!?」

京太郎「すいません、本当なんです。朝起きたら自分が誰だかわからなくて、お母さん?に自分の名前とか教えてもらっても、何も……」

優希「そ、そうだったのか……」

京太郎「宮永さんに色々教えてもらっても、思い出せるものがひとつもなくて……」

和「ちなみに、どんな話を?」

京太郎「付き合いだしてもう三年になるとか、デートはもっぱら本屋や図書館だとか、学校ではおしどり夫婦だとか……」

和「……咲さん?」

咲「じ、実はみんなに黙ってたけど……」

久「嘘よね?」

咲「……ゴメンナサイ」

和「まったく、本当の彼女は私なんですよ須賀くん」

京太郎「え、そうだったんですか!?」

優希「そんなわけないじぇ!私が彼女だ!」

京太郎「ええ!?」


まこ「……いいんか?」

久「……」

まこ「ほら、京太郎の目を覚ましたれ」

久「お、押さないでよまこ!えと……須賀くん!」

京太郎「は、はい」

久「んっ……」チュッ!

京太郎「な、あ……」

久「お、思い出した?」

京太郎「ちょっと久さん!みんないる前で……あれ?なんで俺、部室に?」

和「……それより」

咲「聞きたいことが」

優希「あるじぇッ!」

三人「どういうことだああッ!」

京太郎「ギャーッ!!」

カンッ!