末原「きょ、京太郎君!ちょ、ちょっとええかな?」

京太郎「何か用事ですか?末原先輩?」

末原「う、うちな京太郎君のことが…す、好きなんや!
よかったらうちと付き合ってほしい!」

京太郎「末原先輩のお気持ちは嬉しいですけど…ごめんなさい」

京太郎「俺、絹江さんが好きなんで!」

末原「メゲるわ…」