姉帯、京太郎には過去の記憶がない。

ただ、自分がこの村の生まれではなく、
どこか遠いところからやってきたのだ、ということだけは何となく確信していた。

薄暗いあぜ道を、泣きじゃくりながら、背の高い女に手を引かれて歩いている光景。

それが、自分の思い出せる一番古い記憶。


「きょーうくんっ♪」

「おわっ」


そして、こうして物思いに耽っていると、必ず姉の豊音が抱きついてくる。

体格差もあり、京太郎の体はすっぽりと豊音の両腕の中に収まってしまう。

豊音の体は冷たかったが、いい匂いがして、柔らかくて気持ちが良い。


「きょうくんは、どこにも行かないよね?」

『きょうちゃんは、どこにも行かないよね?』


不安そうに揺れる赤い瞳。

その向こう側に、誰かが写っているような気がするけれど。


「……俺は、どこにも行かないよ。豊音が一番だから」

「えへへーっ♪」


何よりも今は、この姉のことが大事だ。

背伸びをして頭を撫でると、豊音は嬉しそうにはにかんだ。


カンッ