穏乃「おっはよー京太郎ーっ!」ダキッ

京太郎「うおっ!今日も元気いっぱいだな、穏乃!」

穏乃「むっ……年上に対して、口の利き方がなってないんじゃな~い?」

京太郎「年上?俺とお前は同級生だろ」

穏乃「でも、今日からは違うもんっ」プクー

京太郎「え、なんで?」ポカーン

穏乃「っ……ま、まぁ……覚えてない、か……」ショボン

京太郎「……」

穏乃「……むー…………」トボトボ

京太郎「……ぷっ、冗談だよ、穏乃!」

穏乃「……ぅ?」キョトン

京太郎「誕生日だろ、おめでとう」

穏乃「し、知ってるなら意地悪しないでよー!」プンスコ

京太郎「はいはい穏乃さん、行きますよー」

穏乃「えっへへー、優越感!ね、荷物持ってよ?」

京太郎「……お前ごと持ち上げてやる」ヒョイッ

穏乃「うひゃっ!?お、お姫様だっこ!?///」ビクッ

京太郎「さ、行きますよー穏乃さーん」スタスタ

穏乃「……う、うぅぅ~……っ!///」

穏乃(まだ子供扱いしてるー!もう……///)



京太郎「お疲れ様でーす」ガラッ

灼「おはよ……って」

憧「わっ、しず?」

玄「うわわっ、お姫様だっこ……///」カァァ

穏乃「もー……降ろしてよー……///」

京太郎「はいはい、お姫様」スッ

穏乃「か、顔が熱い……もう……///」ブツブツ

宥「あったか~い」ポワポワ

京太郎「穏乃は軽いなー、まだまだ子供だなっ」ナデナデ

穏乃「むぅ、子供扱いしてー……」

憧「あ、しず!誕生日おめでと!」

穏乃「あ……ありがとう、憧!」

灼「みんな、プレゼント持ってきてるけど」

宥「京太郎くん、穏乃ちゃんの誕生日プレゼント、持ってきてる?」

京太郎「あ゙」

穏乃「……京太郎」ジトー

京太郎「おっ、俺は、物じゃないから!」

穏乃「え?」

京太郎「………………で、デートしよう」

一同「「「「!?」」」」

穏乃「ふぇ…?///」ドキッ

京太郎(あ……言ってしまった……)

穏乃「っ、で、ぇと……///」ボソッ

京太郎「……ダメ、か?」

穏乃「えっ!?そ、そんなことない!」ブンブン

穏乃「い、行こう!デート!きょ、京太郎と、二人で……///」

京太郎「お、おー……ど、どこに行く?」

穏乃「………………山?」キョトン

京太郎「いやいやいや、せっかくだし、いつもと違う所へ行こうぜ」

穏乃「………………ちょっと遠くの山?」

京太郎「レパートリー少なっ!」

穏乃「だ、だって!デートとか、したこと、ないし……///」モジモジ

京太郎「俺もねーって……とりあえず、駅に集合な」

穏乃「う、うん……わかった……///」コクコク

穏乃(ぅあー、きょっ、京太郎とデート、かぁ……///)

穏乃(服とか何着ていけばいいんだろ!?いつものジャージは、ダメ、だよね……?)

穏乃(それで、いいムードになって……ち、ちゅーとか、されるのかな!?///)

穏乃「うっ…………う、うわぁぁああっ!あー!!///」ゴロゴロゴロゴロ

京太郎「ちょっ!し、穏乃さーん!?」

一同( ( ( (誕生日が早かったらなぁ……先を越された) ) ) )

カンッ!