塞「ねぇシロ、いい加減“私の“京太郎にちょっかい出すの止めたら?京太郎は優しいから言わないけど凄く迷惑がってるよ」

白望「…………それを言ったら塞の方じゃないの?“私の”京太郎にベタベタベタベタ……惨めすぎて目も当てられないから」

塞「目も当てられないのは私と京太郎の仲を嫉妬してるからでしょ」

白望「嫉妬……?塞と京太郎の仲になんで嫉妬するの……?たかだか“仲がいいだけ”の塞に……」

塞「そういうシロこそ“ただのよう介護者”どまりの癖に……」

白望「塞の方が嫉妬してるんじゃん…………京太郎に面倒を見てもらえるのがそんなに羨ましいんだ?」

塞「はぁ?意味がわかんない、そのボケた頭じゃその程度しか考えられないの?」

白望「…………そんな京太郎に面倒を見てもらえないからって僻まないでよ……」

塞「別に僻んでなんかないし。僻むっていうならシロでしょ!いっつも私と京太郎の邪魔ばっかりして……っ!!」

白望「邪魔してるのは塞じゃん……!毎回私と京太郎の二人の時間を割って入ってくるんだからさ……」

塞「なに?“二人の世界”?ぷっ……ボケすぎて遂に頭のなかが春になったの?」

白望「キャンキャンキャンキャン、負け犬がうるさいなぁ……そんなだから京太郎に振り向いてもらえないんじゃないの……?」

塞「泥棒猫がよく言ったものね」

ギャーギャー!ワーワー!

京太郎「…………俺の癒しは胡桃さんだけです……」ギュッ←充電中

胡桃「あの二人は知らないんだよね、私と京太郎が付き合ってるってこと」

カン!