豊音「む~…」

シロ「……ダル…」

胡桃「そこ!サボらない!」

塞「ほら、ちゃんとやる、シロ。豊音も、分からないところあったら教えてあげるよ?」

豊音「だ、大丈夫、頑張るよー」

京太郎「おはよーございまー…っと、勉強中でしたか」

エイスリン「キョータロー!ウン、Universityadmissionノタメニベンキョウチュウ!」

京太郎「大変そうですね…一人ほどやってないようにも見えますが」

シロ「……ミカン、おいしい」

塞「ちょっと、シロ!真面目にやりなさいよ!」

シロ「だって、分かるし…」

胡桃「ちょっと貸して!……ホントだ…全部合ってる…」

塞「嘘!?……本当だった…ずるい」

豊音「わ~!シロすごいよ~!!」

エイスリン「Genius!」

京太郎「シロさんってよく面倒くさがりますけど、押さえる所はキッチリと押さえてる人ですからね。俺もその能力欲しいくらいです」

シロ「……京太郎にだったら、付きっ切りで教えてもいい」

京太郎「あはは。それは嬉しい限りですね~」

シロ「……本気なのに」ボソ

京太郎「あ、そう言えば、エイスリンさんは大学、どうされるんです?」

エイスリン「ワタシ?ワタシハネ、ニッポンノuniversityニイクツモリ!」

京太郎「こっちに残られるんですね」

エイスリン「ウン!ダッテ…」モジモジチラ

京太郎「?」

エイスリン「ナ、ナンデモナイ!///」カァァ

京太郎「は、はぁ。ん~、俺も勉強しようかな…」ゴソゴソ

胡桃「皆で勉強タイム!分からないところあったら教えてあげるからね!」

京太郎「ありがとうございます」

~~~~~~
カリカリカリカリカリカリ

京太郎「……ふぅ」コトッ

京太郎(課題も予習復習も終わっちゃったな)

京太郎(……そうだ、エイスリンさんにちょっと悪戯仕掛けてみるか)

京太郎「あの、エイスリンさん」

エイスリン「What?ドウシタノ?」

京太郎「これ分からないですけど、どういう意味なんでしょう?」つ[Keitearohaaukiakoe]

エイスリン「!?////」ガタタッ

京太郎(お~、真っ赤!でもかわえぇ…)

京太郎「あ~、エイスリンさんも知りませんか?」

エイスリン「Letmesee…チョット、ミミカシテ?」

京太郎「はい」

エイスリン「Itmeans"Iloveyou"///」コソコソ

京太郎「へ~、そうだったんですね!ありがとうございます!」

エイスリン「ウゥ…キョ、キョータロー!ワタシモヒトツ、オシエテホシイ!」

京太郎「え?エイスリンさんがですか?俺が教えられるものかなぁ?」

エイスリン「エットネ…This!」つ[月が綺麗ですね]

京太郎「それは簡単ですよ。満月だった、ってことです!」

エイスリン「No!ソーセキ?ッテヒトノコトバ!」

京太郎「あぁ、そっちでしたか。それでしたらもっと簡単ですよ」スッ

京太郎「あなたを愛しています」ボソッ

エイスリン「ッ!!////」

京太郎「あれ、どうしたんですか、エイスリンさん?顔、真っ赤ですよ?」

エイスリン「ナ、ナンデモナイ…」

京太郎「……!」

京太郎「エイスリンさん。もし俺がさっきの言葉をエイスリンさんに言ったら、どうします?」

エイスリン「サッキノ?」

京太郎「Keitearohaaukiakoe」with真剣な表情

エイスリン「~~~ッ!?////」バシバシ

胡桃「ちょっと、そこ!イチャイチャしない!」

豊音「うわー、うわー!ふ、2人とも大人だよ~!」

塞「ちょ!豊音、何言ってるの?!」

シロ「……これはさすがに、私も動く」

京太郎「うおっ!?あ、すいません、さすがに悪ふざけが過ぎました」

塞「本当にただの悪ふざけ?」

京太郎「は、はい。それ以外にどんな目的が?」

塞「……エイちゃんは?」

エイスリン「Sorry…ワルノリシテタデス」

胡桃「むぅ…取り敢えず、皆勉強する!受験日まで時間無いよ!」

一同『は~い』



京太郎(ま、冗談でもなけりゃ、こんなことは言えないよなぁ)

京太郎(……いつか、ちゃんと自分の言葉で、本気で言えるようになりたいな)



エイスリン(キョータローガワタシニ、ホントニイッテクレタラ…)

エイスリン(ウウン、ヤッパリマッテルダケハダメ!ワタシモ、ドリョクシナキャ!)


カン!