上京したアパートにて

京太郎「…」

白望「…やっ京…」

京太郎「………なんで!?」

白望「?」クビカシゲ

京太郎「なんでここにシロが此処にいんの!?」

白望「…てへ」

京太郎「(そ、そういえばこの前の送別会で…)」

豊音「うわ~んぎょうたろ~く~んさびし~よ」

京太郎「泣くなよ豊音、これで最後って訳じゃないんだから」

胡桃「でも…もう簡単に会えないから」

トシ「そうだね…少しこの年には寂しさは答えるかね」

京太郎「ばあちゃんそんなこと言うなって…」

塞「…京太郎が東京の大学に推薦されるなんてね…」

エイスリン「キョウタロウガンバッタ!」

白望「…ダルイけどしっかりお別れする…」

京太郎「…みんなありがとうな…こんな送別会してくれて…」

豊音「絶対、絶対連絡してね」

京太郎「うん約束だ…絶対電話するよ…」

胡桃「…私にもね…」

エイスリン「ワタシモ!」

塞「私もね!」

京太郎「あぁ」

白望「…ねぇ胡桃…」

胡桃「ダメ!」

京太郎「?」

塞「きょ、京太郎あんたが主役なんだからもっと飲みなさい」つジュース

京太郎「あ、あぁありがとな塞」


京太郎「~…あの言おうとしてたのって」

白望「うん、これ」bグッ

京太郎「ちょっとまて…あいつらいんの?」

白望「うんあそこ」押し入れを指さす

カタッ

京太郎「…おい、出てこい」ガラッ

塞「やっほ、京太郎!」

エイスリン「マタアッタネ!」

胡桃「ちょっと狭いんだからそんなうごか…グフッ」

豊音「セマカッタヨー…あ京太郎、こんにちは~」

京太郎「あっこんにちは……じゃなくて…なんで?」

塞「ふふふ…」

エイスリン「ソレハネ!」

胡桃「私達も京太郎と同じ大学だったのだ!」

豊音「わーパチパチ」

京太郎「………マジ?」後ろ振り向き

白望「マジ」bグッ

塞「ごめんね、本当は合格が決まった時に言うはずだったんだけど…」

エイスリン「クルミ、サプライズ!ダッテ」

胡桃「ちょっと私だけじゃないでしょ!?ねぇトヨネ」

豊音「みんなちょーわくわくしてたよ」

京太郎「…親とかにはなんて行って来たんだ?」

塞「花嫁所業!」

胡桃「上に同じ!」

豊音「え?新婚生活じゃないの」

シロ「…京に着いて行くって行ったら喜んでくれた」

エイスリン「パパにダーリンと暮らすって言った!」


京太郎「」


シロ「と、いうことでよろしくね京」

塞「ちなみにこのアパートにみんないるから」

豊音「大家さんは熊倉先生だよ」

エイスリン「ミンナイッショ!!」

胡桃「と、言うことだから覚悟しておいてね!」


京太郎「」

京太郎「だ、誰か」

京太郎「誰か助けてくれ!(腹上死的な意味で)」


塞「あ、熊倉先生からよく効く漢方もらったから大丈夫よ!」

カンッ